21. イスファハン ハシュト・ベヘシュト宮殿ほか | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21. イスファハン ハシュト・ベヘシュト宮殿ほか
Wed.30.07.2014 Posted in Iran 2013-14
イマーム広場(エマーム広場)のモスク見学の後、絨毯屋のおっちゃんと地元の人気店でランチをし、午後は鄙びた宮殿跡へ。




チャーミングな爺さま

A man in Isfahan イスファハンの男性
お祈り時間だからとマスジェデ・エマーム(王のモスク)を追い出されたら昨日の絨毯屋の店主と出会い、お祈り済んだ後おじさんの友人である更紗屋さんに寄って作品を見せてもらったりお喋りしたり。
この方は彼らの友人でおそらく客引きもしてるであろうと思われるおじいちゃん。
海外で働いてた時はお酒も飲んでたとか話してたような。今はどうなんや〜?(笑)
新聞小脇に抱えて、なかなか愛嬌のあるラブリーなおじいちゃんだった。





地元民で賑わう食堂

A local restaurant serves only "Beryuni", Isfahan イスファハン、名物料理ベルヤーニーだけを出すレストラン
絨毯屋のおっちゃんがランチをご馳走してあげると車で連れてってくれた店は地元の人で大繁盛。
イスファハン名物『ベルヤーニー』だけを出す店のようで、当然皆ベルヤーニーを食べていた。





ベルヤーニーを食べるおっちゃん

A man eating famous local food "Beryuni" in a restaurant, Isfahan イスファハン、名物料理ベルヤーニーを食べる男性
ベルヤーニーはインド近辺のピラフっぽい米料理ビリヤーニと似た名前だが全く別の料理。
クレープのような薄いイランのナンに羊肉のつくねとナッツが乗っかり、サフランオイルのような黄色いオイルがかかっていて玉ネギやレモンと一緒に食べる。
なかなかガツンとお腹に来る料理だった。
おっちゃんのお陰で観光客が来ないような地元の人気店での地方料理を味わえてありがたかった!
ヨーグルトドリンクはトルコのアイランのような塩味なんだがミントも入っててマズー(*_*)だったなぁ…。





チェヘル・ソトゥーン宮殿

Chehel Sotoun pavilion view from the openwork wall, Isfahan イスファハン、チェヘル・ソトゥーン宮殿
おっちゃんに途中で車から降ろしてもらって、夜にまた店へ遊びに行くと約束して観光の続きへ。
『チェヘル・ソトゥーン宮殿』は中には入らず透かし模様の壁から覗いただけ(笑)
まだ霧が晴れてなくて、壁越しに見える建物はそんなに距離はないのに霞んでしまっていた。
ここは正しくはチェヘル・ソトゥーン庭園博物館というそうで、「ペルシア式庭園」として世界遺産になっている。
チェヘル・ソトゥーンは40本の柱という意味で、実際は20本だが池に柱が映って合計40本に見えるからそんな名前になったそうだ。
シラーズのエラム庭園と同様に、季節のせいで葉が落ちてしまってる木も多くうら寂しい雰囲気。
きっと春〜夏に来れば緑鮮やかで花々が咲き全く違う印象を受けることだろう。





宮殿の輝く窓

Chehel Sotoun pavilion on a misty afternoon, Isfahan イスファハン、薄霧のチェヘル・ソトゥーン宮殿
宮殿ちゅうからにはもっときらびやかなのかと思いきや、外観を見る限りではけっこう鄙びた風情。
でも日本人だからか木の柱を見るとなんかホッとする感じ。
建物内部のステンドグラスが渋めカラーで美しい〜とアップで撮ったんだが、後で調べたらこれはステンドグラスではなく鏡張りの装飾だったようでビックリした。
部屋の中の色が鏡に反射して茶色っぽいトーンな濃淡のあるステンドグラスのように見えていたのだった。





ハシュト・ベヘシュト宮殿外観

Hasht Behesht palace, Isfahan イスファハン、ハシュト・ベヘシュト宮殿外観
そこから少し歩いて、お次は公園の中にある『ハシュト・ベヘシュト宮殿』へ移動。
ここも「え?これですか!?」というくらい小さくて地味な宮殿…。
イマーム広場の壮麗なモスクを見た後だから更に地味に感じる。





天使のタイル

Angel tile decoration in Hasht Behesht palace, Isfahan イスファハン、ハシュト・ベヘシュト宮殿外壁の天使の装飾
レンガ造りの宮殿だが、アーチ上部にはタイル装飾があり、全ての面で違う絵柄が描かれていた。
お花系や狩猟文系が多い中、私が気に入ったのはやっぱり天使ちゃんの装飾!
これはイスラムの天使やね。





宮殿に入ると…

Light entering from the oculus of Hasht Behesht palace, Isfahan イスファハン、ハシュト・ベヘシュト宮殿の天窓から差す光
宮殿の中へ。鍾乳石飾りのドーム天井にある天窓からは柔らかく光が入り、色はかなり褪せて剥がれてしまってる部分もあるが可愛らしいお花のペイントがあちこちに施され、めっちゃステキやないの!
外観のイメージから全然期待してなかったので嬉しい誤算!!





部屋のペイント

Flowers and birds paintings in a room of Hasht Behesht palace, Isfahan イスファハン、ハシュト・ベヘシュト宮殿内部
部屋の壁にはさまざまな植物モチーフのフレスコ画のようなペイントが。
色あせてくすんだ「枯れ感」がたまらない。
見学者も少なく、じっくり見られて良かった。





桜と小鳥

Flowers and birds paintings in Hasht Behesht palace, Isfahan イスファハン、ハシュト・ベヘシュト宮殿内部の壁画
こんな桜?のようなお花と小鳥の可愛い絵柄が描かれている。
宮殿として使われていた当時はもっと色鮮やかだったのかもしれない。
でもこの褪せた色合いがいい。





天窓

Light entering from the oculus of Hasht Behesht palace, Isfahan イスファハン、ハシュト・ベヘシュト宮殿の天窓から差す光
宮殿入った所の天窓をアップでもう一度。
天窓にもシラーズの聖人廟で見たような鏡モザイクがあしらわれていた。
昔は鏡はとても高価だったはずなので、モスクを見た後の目には地味に見えるけどきっとここも往時はとても贅沢な宮殿だったのだろう。





またまた白ターバン氏

Islamic cleric man walking on the street, Isfahan イスファハン、通りを歩くイスラム聖職者
見学を終えて道を歩いていると、また白ターバンの聖職者さんに遭遇!
日本の夏の着物の紗のような透けた生地がふわりと揺れて優雅でカッコエエ〜。
真冬だから寒いだろうに…「オシャレは気合だ」的なもんなのか?
怒られないかとヒヤヒヤしながらパシャリ!






関連記事

Tag: 旅行 写真 イラン イスファハン エスファハーン チェヘル・ソトゥーン ハシュト・ベヘシュト 宮殿

« 22. イスファハン 絨毯屋さんのお宅訪問 | Home | 20. イスファハン 『王のモスク』の青い世界 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。