18. イスファハン 絨毯屋と夜のハージュー橋 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18. イスファハン 絨毯屋と夜のハージュー橋
Thu.03.07.2014 Posted in Iran 2013-14
ほぼバザール巡りだけで過ごした元日も夜になり、再び昼間に訪れた絨毯屋に行くと、お買い物の後店主のおじさんがお薦めスポットに連れてってくれた。




エキゾチックなランプシェード

Beautiful metal lampshade, Isfahan イスファハン、バザールのランプシェード屋
そうこうするうちに暗くなる時間になってきた。
元日だというのに朝からずっとイマーム広場(エマーム広場)周辺のバザールをうろうろしてた私達。
日が落ちてもまだバザールにいるという…(^^;)
さてここはバザールのランプシェード工房。
エキゾチックな銅?真鍮?製のランプシェードの光が美しい。
こんなのが似合う家に住みたいもんや。





ボロボロの本

Old photo book in Isfahan イスファハン、古い写真集に載ったパラダイスカーペットの店主
色々見て回ったが、店主のおじさんのキャラが強烈で面白かった絨毯屋『Paradise』に戻ってきた。
再びチャイをいただきながら談笑してると、おじさんが「ほら!これオレだぜ!」と1冊の古い本を見せてくれた。
来る客来る客に見せてるだろうからすっかりボロボロだけどすごくいい写真だ。
この店主さんは特にトライバルラグ(少数民族が織る絨毯やギャッベ、キリムなど)に力を注いでいるようで、昔は少数民族から買い付けるために車の通れない山道をロバに乗って探し歩いたもんだったと話してくれた。
どこまで本当の話なのか分からない部分もあるが、なんかそんな姿を想像するだけで夢があるし楽しい気分になれた。





チャイセットとクルドの絨毯

Iranian tea set and a Kurdish Sanandaj carpet, Isfahan イスファハン、チャイセットとクルドの絨毯
チャイを飲みつつ気になっていた絨毯を眺め思案中。
これはいわゆるペルシャ絨毯のような華やかさはないがシンプルでサイズも小さく手頃な価格なクルド族のトライバルラグ。
狭小な私の家にはせいぜいこのくらいのサイズのものしか置く場所がない。
デザインも惹かれたけど『クルド族』というのがなんとなく琴線が触れて…。





お買い上げ〜!

Packing a carpet, Grand bazaar in Isfahan イスファハン、買った絨毯をパッキングする店員
で、今回の旅で絨毯を買う予定など全くなかったのに、買う気満々で来ていた旅連れKさんの勢いにつられて(?)ついつい私もお買い上げ!
シルク絨毯じゃないから元々それほど高いわけでもなかったし、バラのモチーフが可愛くてバラ好きのオカンもきっと喜んでくれるだろう。
カバンが小さくてパッキングが大変になりそうだが…なんとかなるさ〜。





夜空に浮かぶドーム

Dome of Imam mosque at night, Isfahan イスファハン、王のモスクのドーム屋根
長々と居座ってすっかり閉店時間。
帰ろうとしたらおじさんが「すっごく綺麗な橋があるからそこまで車で乗せてってあげる」と言うので付いていくことに。
昨夜年越ししたマスジェデ・エマーム(王のモスク)の裏手にある駐車場まで歩いた。
修復中の足場が組まれた王のモスクの青いドームを見上げながら。





スィー・オ・セ橋

Siose Bridge at night, Isfahan イスファハン、夜のスィー・オ・セ橋
まず連れてってくれたのは『スィー・オ・セ橋』という有名な石造りの橋。
スィー・オ・セというのは33という意味で、33個のアーチがあることからそう呼ばれているとのこと。
後日観光で見に来るつもりだったから、早速見られてラッキー。
と喜んでいたのだが、おじさんいわく「もっと美しい橋がある!」。
ってことで、スィー・オ・セ橋は川沿いから写真撮っただけでまたすぐ車に乗り込んだ。





ハージュー橋

Khaju bridge at night, Isfahan イスファハン、夜のハージュー橋
おじさんイチオシの橋は『ハージュー橋』という橋だった。
ここが一番綺麗だと力説していたがホンマや!こっちほ方がずっと優雅!
ちゃんとガイドブックにも載ってたのだが見落としていて知らなかった。
おじさんにそこで車から降ろしてもらってお別れした。





橋の上の恋人たち

Lovers walking on the Khaju bridge in the night, Isfahan イスファハン、ハージュー橋を歩く恋人たち
橋の外観写真を撮った後、橋を渡ってみた。
確かに!思っていた以上に美しいわ〜。
温かみのあるオレンジ系のライトアップがアーチと石畳を照らし、アーチ上部にはタイル装飾もあり、行き交う人々をシルエットにして、まるで映画の中にいるようだ。





奥で佇む男性

Arches of Khaju bridge at night, Isfahan イスファハン、ハージュー橋の連続アーチ
橋はカップルや友人同士、家族連れなど市民憩いの場になっている。
中には1人で物思いに耽る人も…。
私も何故か通りがかりのイラン人から「一緒に写真撮って」と声をかけられたり。
日本では見ず知らずの人と一緒に記念写真撮ったりする人は稀だが、外国に行くとたまにそんな事がある。
単にアジア人が物珍しいだけなんやろけど。





幻想の連続アーチ

Arches of Khaju bridge at night, Isfahan イスファハン、ハージュー橋の連続アーチ
下の階に降りてみると、なんと幻想的な連続アーチ!
すごい。これはホンマにおじさんイチオシなわけやわ。想像を超えた美しさだった。
連続アーチフェチな私はも〜ゾックゾクですわ!!
もっとゆっくり見たかったけどなんせ寒いし疲れてたので適当なところで切り上げた。





装飾されたバルコニー

Khaju bridge at night, Isfahan イスファハン、夜のハージュー橋
アッバース2世の時代に建てられ、夏の夜にはしばしば王が宴を張りこのテラスで夜風に吹かれたそうな。
風流やねぇ〜。





ここからはタクシーで宿に戻った。
そんなこんなで元日の1日は終了。
今日はほとんどバザールで終わったが、おじさんのお陰で最後に観光らしきことも出来たな。
明日からは本格的にイスファハン観光開始予定!





関連記事

Tag: 旅行 イラン 写真 イスファハン エスファハーン スィー・オ・セ橋 ハージュー橋 ライトアップ 夜景

« 19. イスファハン マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー | Home | 17. イスファハン バザール散策 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。