18. ルクチュン、村の朝 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18. ルクチュン、村の朝
Sun.19.01.2014 Posted in Uyghur 2013 Spring
ピチャンとトルファンの間辺りのルクチュンという町にある村で迎えた朝。
場所を変えひたすら桑の実をモグモグしていた朝だった。
桑といえばカイコ、カイコといえばシルク…嗚呼、シルクロードに来てるんだなぁ!と実感。
(シルクロードの民族楽器にはボディに桑の木を使ったものも多いそうです)




朝の路地裏

Morning in the village, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、村の朝
朝目覚めて、家の廻りを少し歩いてみた。
朝日が当たってオレンジ色になった土壁の民家がええ感じ。





お目覚め

A cat in a local house, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、民家のネコ
にゃんこちゃんもお目覚め。





お目覚め その2

A girl just waking up, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、目覚めたばかりの少女
このお家のお嬢もお目覚め〜。
寝起きが悪そうなこの表情(^_^;)





桑の木の下で

A girl under the mulberry tree, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、桑の木の下で
朝ごはんをいただいた後は、すっかり目覚めてゴキゲンなお嬢と一緒に家の前の道に植えられている桑の木から実をちぎってたくさん食べた。
ウルムチなどでは露店で桑の実が売られていたりするのだが、ここではタダで食べ放題!





あ〜ん!

Picking a mulberry fruit, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、桑の実を持つ少女
「はい、あ〜〜ん」とちぎった桑の実を私にくれるお嬢。
こんなに可愛いのにピンぼけしてしまって惜しい…。





朝ごはんのお片づけ

Mother and a girl in the kitchen, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、民家の土間
家ではママさんが土間にある台所で朝ごはんのお片づけ中。
私はなんもお手伝いもせずゴロゴロしてばかりで申し訳ない。





家の屋上で

Morning sky in the village, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、村の朝
家の人が私達を促して近くへお出かけ。
どこに行くのかと思ったら、屋上で桑の実食べ放題な家に連れてってくださったのだった。
はしごを登って屋上に上がってみると…覆いかぶさるような大きな桑の木と朝日が!
ここで本日のキラリン☆ショットを。
桑の実の甘い汁でベトベトになった手でカメラ触ってカメラもベトベトになりながら撮った1枚(笑)





桑の実

Mulberry fruits in Shanshan (Piqan) County ルクチュン、桑の実
桑の実には白っぽいのや赤や黒など、いくつかの種類があるようだ。
見た目はちょっとグロくて躊躇するのだが、とても甘くて美味しいのだ。
日本では桑の実など食べたことがなかったが、ウイグルに来るようになって初めてフルーツとして食べると知った。
ちなみに、パキスタン北部のフンザ地方では、桑の実から作る焼酎のような「フンザパーニ」というお酒が有名。





屋上からの眺め

Uyghur local houses in Shanshan (Piqan) County ルクチュン、村の家々
屋上からは、日干しレンガ造りの隣の家や緑濃い木々、そしてその向こうには火焔山も見渡せた。
ああ、なんてのどかな朝!





関連記事

Tag: 旅行 写真 新疆 ウイグル ルクチュン 民家

« 19. 初夏の果樹園 | Home | 17. ルクチュンの民家で過ごす夜 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。