17. ルクチュンの民家で過ごす夜 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17. ルクチュンの民家で過ごす夜
Sun.19.01.2014 Posted in Uyghur 2013 Spring
バルクルからハミとピチャンを経由して、この日はトルファンにほど近いルクチュンという小さな町に住むOさんのお知り合いのお宅でホームステイさせていただいた。




荒涼とした大地

Hazy mountains view from the bus, Shanshan (Piqan) County ピチャン、バスの中から見た山々の風景
ハミからピチャンまでのバスの窓から見た景色。
乾いた土地と遠くに霞んゆく山々が旅愁をそそる。





ピチャンのブドウ畑

Grape trees field and village road in the late afternoon, Shanshan (Piqan) County ピチャン、夕方のブドウ畑
ピチャンに近づいてきた頃にはだいぶ日が傾いてきていた。
ブドウ畑とポプラ並木がシルクロードらしい。





もの思い

A woman in a musing mood, Shanshan (Piqan) County ピチャン、バスの中で物思いにふける女性
バスで通路を隔てた反対側に座っていたおしゃれな漢族の女の子。
窓の外をじっと眺め、何を想っているのだろう。





ピチャンから車でルクチュンへ

Sunset time in Shanshan (Piqan) County ピチャン、車から見る夕焼け
ピチャンバスターミナルに着いてしばらくすると、Oさんのお知り合いがかわいい娘さんと一緒に車でお迎えに来てくださった。
ピチャンからルクチュンまでの道中で日没を迎えた。
ちょうど1年前にもピチャンとルクチュンを訪れていたが、1年後にこうやってまた訪れる機会に恵まれるとは思っていなかった。
しかも今回は民家にホームステイ!楽しみやなぁ。
車の中ではちょうどハミの民族衣装着た人たちが歌と踊りをやっているDVDがかかっていた。
ハミの博物館で生演奏を見たりしたのはたった数日前なのに、間にバルクル草原というまた全く異なった土地に行ったからか、なんだかもう懐かしい気分になっていた。





夜のダンス

Dancing in the night, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、夜の道路で踊る2人
ルクチュンのお家に着く頃にはすっかり暗くなっていた。
お嬢ちゃんはOさんが来てくれてテンション上がりまくって夜の道でダンス♪
街灯に映された影が伸びて素敵な1枚になった。





民家のにゃんこ

A cat in flont of a local house, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、ドアの前に佇むネコ
お家のにゃんこ。背中の模様がかわいい。





台所

Kitchen in a local house, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、民家のキッチン
お世話になった家の土間にある台所。なんともええ感じ。





晩ご飯を作る女性

Cooking dinner in the kitchen, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、夕食を作る女性
奥さんが晩ご飯を作ってくださった。
マカロニみたいなパスタに野菜とお肉をトマトソース炒めしたラグメンの具みたいなのをたっぷりかけた料理で、『コルダマ』というらしい。





夕食タイム

Dinner time at a local house, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、民家での夕食
居間ではお菓子やフルーツも並べられ、お腹いっぱいいただきました!





村の道路

village street in the night, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、夜の村の道路
満腹になったところで少しだけ家の周りを歩いてみた。
街灯がないところは真っ暗だけど、こういう何気ない村の道の感じがとてもいい。
奥の方に見えるトンネル状の向こうに行ってみたかったが、真っ暗すぎて断念。
朝になればどんな風景が見えるのだろう。





家の入口と壁

Local house in the night, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、村の民家
道路から見た家の様子。日干しレンガ組みの十字模様から家の光が見えて、たったそれだけのことなのに生活のぬくもりのようなものが感じられて心が安らぐ気がした。





お気に入りドッパでポーズ

A girl posing with lovely uyghur dress, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、アトラス柄ワンピースを着てポーズを取る少女
お嬢ちゃんはお気に入りのアトラス柄ドレスにお気に入りのドッパ被って超ゴキゲン。
Oさんが買ったハミの刺繍ドッパを被せようとしたら全力で拒否ってた。Myドッパじゃないとダメなのね。
そういやハミ近郊の家にお邪魔した際も、小さな子が大人用ドッパ被るの嫌がったなぁ。





スヤスヤ夢の中

A girl sleeping, Shanshan (Piqan) County ルクチュン、眠りにつく少女
はしゃぎすぎて疲れちゃったようで、だんだんぐずってきて、その後スヤスヤ夢の中へ。
アトラスドレスで踊っている夢でも見ているのかな…?
私達も隣に布団敷いていただいたので、そろそろオヤスミしよう。





関連記事

Tag: 旅行 写真 新疆 ウイグル ルクチュン 民家 ピチャン

« 18. ルクチュン、村の朝 | Home | イランから帰国してます »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。