9. アチェンガルゴンパ 軽い散策と食堂でランチ | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9. アチェンガルゴンパ 軽い散策と食堂でランチ
Thu.12.10.2017 Posted in Eastern Tibet 2016-17
金ピカチョルテンのマニ車回廊コルラを終え(正確にはまともに3周せず写真ばかり撮ってた)、次はどこへ連れてってくれるのかな?




ヤク発見

A yak and a sheep in Yarchen Gar アチェンガルゴンパで見かけたヤクと羊
金ピカチョルテンを出てすぐ辺りで、1頭の真っ黒なヤクを発見。
横には小さく見える羊ちゃんも。
放牧されているところなのかな?昔ラサでは山の方に行くとヤクがいたりしたけど町の中で放牧されているのは初めてみたかも。
ヤクに出会えると「高地に来てるんやな〜」って実感。





商店

In a small shop selling daily goods, Yarchen Gar アチェンガルゴンパの日用品店
日用品店に入ってみた。
客はもちろん、売ってる人も尼僧さんだ。
売り物は、このショップに関しては仏教用品ではなく本当に日常生活用品がメイン。
魔法瓶・あったか靴・ペットボトルの飲み物等々。
私たちは防寒と今後のラルンガルゴンパ行きに備えての変装のつもり(笑)で、敢えてダサそうな図柄のマスクを購入してみた。
でも後で使ってみたら残念ながら生地が肌に合わず失敗だった。





橋を渡ると

Walking kids in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 橋を渡ってくる子どもたち
売店から出ると橋があった。
ここを渡っていくとあの丘の上から見た尼僧住居群(男子禁制エリア)に入っていくのだろう。
早く入って行きたいところだが、ドライバー君は男性で入れないしもうすぐ昼ごはんだという事で、川の内側を探検するのはまだお預け…。





橋の上から

Partly frozen river separating female-only area, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 男子禁制尼僧エリアとの境界になっている川
尼僧エリアと外部を隔てる川の橋の上から撮ってみた。
部分的に凍った川がこの地の空気の冷たさを思い出させてくれる。





オート三輪で

One of the bridges into female-only area, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧エリアへと続く橋のうちの1つ
尼僧たちがオート三輪に乗って尼僧エリアへと橋を渡っていった。
奥に見えるのは相当でっかいお寺?佛学院?
数千人だか1万人だかの修行者を受け入れているんだからそのくらいの規模な施設も必要だろう。
でも個人的な好みで言えば、あのような威厳ありそうな建物よりも、着いてすぐちびっこたちに出会えた尼僧院みたいな小さくてあまりギラギラしすぎていないお寺を最初に訪問して心温まる交流ができたことが良かったなぁ。





川でお洗濯

Nuns washing their clothes in the frozen river, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 凍った川で洗濯をする尼僧たち
橋から下を見るとあちこちで洗濯をしている尼僧たちの姿が見えた。
私たちも川に降りてみることに。
凍った川の水での洗濯はさぞかし手が冷たくて大変なことだろう。
例によって大人の尼僧たちなので基本的に無視されちゃうんだけど1人だけちょっと年配風の尼僧さんがにっこり手を振って下さった♪





窓にニャンコ♡

A kitten in the charming window, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ エエ感じの窓から見えたネコ
そうこうして時間つぶしていると本日2度めのドライバー君からのメッセージ(例によって画像のみ)着信。
開いてみるとテーブルに食器が並んだ画像が。
おお、「ご飯の時間だぞ!戻ってこい!」という事ね。やっぱり画像は分かりやすい。
川から上がると建物の窓際に小さなネコが!
カラフルなチベットらしいペイントの装飾やレトロっぽいカーテン、バラ色をした壁に浮かんだ白いチベット文字がバッチリええ感じににゃんこを引き立てていてお気に入りな1枚。





暖を取る

Using heater and drinking milk tea to keep warm, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ ヒーターと熱いミルクティで暖を取る
促されて建物に入ると席には少し年上っぽい女性と中学生くらいの少女(どっちも尼僧)がいた。
彼女たちが兄ちゃんの家族だか親類だかなようだ。
「さぁさぁ、これであったまって」と手渡されたのは激甘なミルクティ。
うわっ!あっまーい!インドでもたいがい激甘チャイを飲んできたが、ここのはお茶の味はもっと薄くてほぼ甘いミルク味のホットドリンクという感じ。
好みの味ではなかったものの、やはりこの寒さだから熱々で甘い飲み物はホッとするし有り難い。
そして電熱火鉢のようなところで手を温めるよう勧めていただいて暖を取った。





スマホをいじる尼僧少女

Lovely little nun watching the mobile phone, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ スマホに集中してる尼僧の少女
この赤ずきんの似合う色白べっぴんちゃんがドライバー君の言うところの「メイメイ(妹)」のようだ。本当の妹なのか姪っ子とかなのか不明。
兄ちゃんのスマホを借りて熱心にいじってる真剣な目がまた今どきの子って感じで微笑ましいね。





壁のメニューと厨房

The restaurant wall with food menu and Kitchen, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 食堂の壁に掛かったメニューとその奥のキッチン
壁に大きく掲げられたメニューは中国語でも書かれてあり、写真もあるから私でもだいたい見当がつきやすそう。
でも今回のランチは兄ちゃんのお任せなので何が出てくるかは分からない。
実はアチェンガルゴンパに着く前に、チャーター料金を一部前払いにしてくれと何度も言われてちょっと不審に思ってしまっていた。
しかし言葉分からないなりに理解に努めた結果、彼は「ゴンパに住んでるお姉さんと妹にご飯奢っていいところを見せたいんだ」と言っているのだと分かった。
更に、「昨日君たちが俺の晩ご飯代出してくれたから今日は俺が」とも。
あ〜なるほど。そういや昨夜チベット料理屋で彼の個別に注文した分も私達が払って特に礼の言葉もなくて、そんなもんなんかなぁと内心思っていたのだが、ちゃんと覚えててお返ししてくれるって事か。
やはりこのドライバー君はなかなかの好青年やわ!





料理が来たよ

Foods for lunch at a restaurant, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 男子禁制エリア外の食堂で食べた昼ごはん
そうこうするうちに料理が運ばれてきた。
見た目粕汁?薄いホワイトシチュー?的なスープとカリッカリに炒めたジャガイモ。
さっそくいただいてみると、スープはあんまり味がなくて私の好みではなかったが、カリカリじゃが炒めは美味しかった。
酒飲みな方だったら「ビール!」て言いそう(残念ながら当然酒はない)





更にドン!

Lunch time at a restaurant in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 男子禁制エリア外のレストランでのランチタイム
スープとじゃが炒めだけでも器がデカくてかなりの量だったのに、その後更に卵トマト炒めと野菜炒め2種もやってきた。
食べきれないくらいのボリュームある皿たちを見て満足げな表情のドライバー君がかわいい(笑)
確か僧や尼僧は肉を食べないから野菜料理ばかりとどこかで読んだような気がする。私は野菜料理好きなのでOK!
ただ、昔ラサのお寺では肉入りのモモ(肉まん)をお坊さんから頂いて一緒に食べた思い出があるからベジタリアンなのかどうかは地域や宗派によるのかもしれない。
この食堂は尼僧エリアの外なので、このように出家した尼僧とその家族や親戚が面会兼ねてお食事をするところらしい。
奥に写っている人達もきっと同様に久々の再会で積もる話でもしながらひとときを過ごしているのだろう。
私達はドライバー君のお陰でアチェンガルゴンパに住む尼僧2人と一緒にお昼ごはんを食べるという貴重な経験をさせていただけた。
まぁ当然言葉が通じないから会話が盛り上がるというわけにはいかなかったけどね。





お腹いっぱい昼ごはんをいただき、予定通り「ここは俺が」と兄ちゃんがええとこ見せてお代を支払い、ランチタイムは終了。
この後は兄ちゃんとはしばらく別れて、いよいよ尼僧エリア内の散策に出発です!






関連記事

Tag: 旅行 写真 東チベット チベット 甘孜 カンゼ アチェンガルゴンパ

« 10. アチェンガルゴンパ 尼僧居住エリア散策 | Home | 8. アチェンガルゴンパ 巡礼者のポートレート »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。