1. 出発〜ラオス最初の托鉢見学 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1. 出発〜ラオス最初の托鉢見学
Wed.04.11.2015 Posted in Laos & Vietnam 2014-15
2014ー2015年の年末年始旅行はラオスとベトナムでした。
と言っても短期旅なのでラオスは古都ルアンパバーンとその郊外だけ。
関空からラオスまでの直行便はなく、ベトナム航空のハノイ経由も既に満席だったため、エバー航空で行き帰り台北1泊してハノイまで行き、そこから更にルアンパバーンまで飛ぶというプランになってしまいました。
そんなわけで、ラオスとベトナムと台湾をちょっとずつチラ見した旅でした。

いつも更新が超スローペースなので旅行からどんどん日が経ってしまっているため、今回のラオス・ベトナム・台湾編は文章はメモ程度でサクサクっと写真を並べるだけにするつもりです。
ネタになるほどの事件やトラブルも無かったまったり旅でしたし(笑)

では、まずは日本を出発してからルアンパバーンに着いて最初の朝に見た名物の托鉢の様子までをご覧ください。




雨の台湾桃園国際空港

Taiwan Taoyuan International Airport 台湾桃園国際空港
2014年12月27日夜台北に着いたが空港近くのホテルで寝ただけで翌朝ハノイへ出発。
帰国前の1泊は台北の町に出て食いだおれする予定。





ハノイ、ノイバイ国際空港に到着

Noi Bai International Airport, Hanoi, Vietnam ハノイ、ノイバイ国際空港
まずハノイまで。ここでトランジットしてからラオスに向かう。





アオザイ姉さん♥

A woman wearing Ao Dai in Noi Bai International Airport, Hanoi, Vietnam ハノイ・ノイバイ国際空港、アオザイの制服を着た女性
空港で見かけたアオザイ姿のお姉さん。ベトナム航空のアテンダントさんだろう。
同性から見てもやっぱりアオザイは素敵でテンション上がる。





ターミナルビル出口

Noi Bai International Airport, Hanoi, Vietnam ハノイ、ノイバイ国際空港
ルアンパバーン行きのトランジット時間が長くてヒマすぎた。
おじさん達もフライトでお疲れな様子。





別れを惜しむ恋人たち

Lovers in Noi Bai International Airport, Hanoi, Vietnam ハノイ、ノイバイ国際空港
ロマンチックやねぇ。





ルアンパバーン到着

An airplane of Lao Airlines in Luang Prabang International Airport ルアンパバーン国際空港
夜、やっとラオスにやって来た。
ラオス国営航空のプルメリアのマークが可愛い。ちなみにプロペラ機だった。





空港ターミナルビル

Luang Prabang International Airport ルアンパバーン国際空港
ターミナルビルはラオスの伝統的なお寺っぽいデザインでなかなかカッコいい。





ホテルのフロントにて

Decoration in the hotel, Luang Prabang, Laos ルアンパバーンのホテルにて
欧米人に大人気のルアンパバーン、ホテルはめちゃくちゃ多い。
適当に選んだ中級宿「レジェンドホテル」に到着。街の中心からは少し離れている。
フロントに飾ってあったお花が東南アジアらしかった。





ホテルの部屋

A hotel room in Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ホテルの部屋
レジェンドホテルの部屋。シンプルシックでいい感じ。





1回めの托鉢見学

Buddhist monks collecting alms at dawn, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、早朝の托鉢
ルアンパバーン一番の名物はこの早朝の托鉢。
町の中心部では何百人ものお坊さんの大行列が見られるらしいがその分見物の観光客もめちゃめちゃ多いらしくて、敢えてホテル近くの寺を選んだ。
まだ暗い中お寺の前に行くと地元の女性たちが準備をしてて、しばらく待って明るくなりかけた頃お坊さんたちがやって来た。





少年僧

Women giving alms to a young buddhist monk at dawn, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、早朝の托鉢
ルアンパバーンの一休さん!?
少年僧にご飯を施す地元の女性たち。見物客は私と友人の2人だけだった。





ワット・タートルアン

Gate of Wat That Luang, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ワット・タートルアンの門
お坊さんの数も少なくあっという間に終わったのでついでにお寺見学へ。





仏像

Buddha statues in Wat That Luang, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ワット・タートルアンの仏像
菩提樹の下で瞑想する仏陀たち。金ピカの細身の仏像が東南アジアだなぁ。
蒸し暑いのが大嫌いで東南アジアは避けてたから昔行った以来タイ超久々だ。
(今回蒸し暑くない乾季を選んだから来れた)





ナーガに乗った仏陀

Buddha with Naga in Wat That Luang, Luang Prabang, Laos ルアンパバーン、ワット・タートルアンの仏像
ナーガとは仏陀が悟りを開く時に守ったというインド神話起源の蛇神。





女神像

Phra Mae Thorani goddess in Wat That Luang, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ワット・タートルアンの女神像
こちらは仏教神話に出てくる女神像。





ワット・タートルアンのお堂と坊さん

A buddhist monk in Wat That Luang, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ワット・タートルアンにて
敷地内をうろうろ見て歩いてたらお堂から次々に坊さんたちが出てきた。
これから2度めの托鉢に廻るのだろうか?





別の寺で

Buddhist monks collecting alms at dawn, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、早朝の托鉢
ついでに近くの別の寺ワット・マノーロムに来たら、偶然そこでまた托鉢の列を見ることが出来た。
朝焼けをを背景にした門と坊さんたちというナイスタイミングだったが、何故か門全体を入れて撮ったのは携帯でのこの1枚のみ。
インスタグラムにこの写真アップしてたから良かったけど、後日携帯壊れてバックアップしてなかったからインスタに載せたこの小さな写真しか残ってなくて残念至極。





顔つきが変わった

Buddhist monks collecting alms at dawn, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、早朝の托鉢
行列して門をくぐる前はおしゃべりしてニコニコしてた坊さんたち、施しを受ける時には神妙な顔に早変わり(笑)





ワット・マノーロム

Monks in Wat Manorom, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ワット・マノーロムを歩く僧たち
托鉢を終えた坊さんたち。
ワット・マノーロムは緑と青を基調とした仏教神話の壁画が美しかった。





托鉢バッグ

Alms bowl in Wat Manorom, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ワット・マノーロムの托鉢用の鉢
托鉢用の鉢。たまたま外に置いてあったので間近に見ることが出来た。





ブーゲンビリア

Temple and Bougainvillea in Wat Manorom, Luang Prabang,  Laos ルアンパバーン、ワット・マノーロムとブーゲンビリア
流石に冬の朝なので肌寒いがブーゲンビリアを見ると南国に来たと実感。





コンビニ

A small local store in Luang Prabang, laos ルアンパバーンの商店
小規模だが地元民だけの托鉢を見られて大満足してホテルへ帰る。
帰る途中にあったホテル近くのコンビニ的なローカル商店。








関連記事

Tag: 旅行 写真 ラオス ルアンパバーン 托鉢 お寺 空港

« 2. ルアンパバーン 朝の市場 | Home | 28. 帰国へ…のはずが!? »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。