22. 「赤い矢号」でモスクワへ | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22. 「赤い矢号」でモスクワへ
Sat.04.07.2015 Posted in Russia 2014
サンクトペテルブルクでの2泊3日を終え、夜行列車『赤い矢号(レッドアロー号)』でモスクワへと戻ります。




見納め

The Church of the Savior on Spilled Blood view from the canal at twilight, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、運河から見た血の上の救世主教会
夜行列車は23:55発なので時間つぶしがけっこうしんどかった。
ホテルへ荷物を取りに行き、メトロで鉄道駅へ向かう前にネフスキー大通りから『血の上の救世主教会』を眺めてサンクトペテルブルク見納め。
遅くまで明るいからまだ明るさが残り、白夜っぽい幻想的な空…。
最後までひたすら美しいサンクトペテルブルクだった。





メトロ駅

Hall of Gostiny Dvor metro station, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、地下鉄ゴスチーヌィ・ドヴォール駅
ネフスキー大通りのメトロ駅『ゴスチーヌィ・ドヴォール』から鉄道駅へと向かう。





メトロ駅のホーム

Hall of Gostiny Dvor metro station, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、地下鉄ゴスチーヌィ・ドヴォール駅
サンクトペテルブルクのメトロは英語表記があり、乗るのは全然難しくない。
これがモスクワだと英語表記なしなのに加えて大きな駅での乗り換えもややこしくて迷いまくってしまうんだよなぁ。





ロシア名物

Long escalator of a metro station, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、メトロ駅の長いエスカレーター
ある意味ロシア(&旧ソ連圏)名物と言える超長いエスカレーター。
前方にいる人がなんと小さく見えることか!
長いからスピードも速く初めて来た時はかなりビックリしたものだったが、今ではこれを見るとなんか妙に嬉しくなってしまう私(笑)
旧ソ連圏ではウズベキスタンの首都タシケントの地下鉄も同じだった。





モスクワ駅の電光掲示板

Moskovsky railway station, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、モスクワ駅の電光掲示板
鉄道駅『モスクワ駅』に到着。
サンクトペテルブルクなのにモスクワ駅と言うのは「モスクワ方面に向かう駅」だから。
なので、モスクワにあるサンクトペテルブルク方面へ向かう駅は『レニングラード駅』。
分かりやすいようなややこしいような。。。
私が乗るのは列車番号001のКрасная стрелаだ。





赤い矢号

Red Arrow sleeper train at Moskovsky railway station, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、モスクワ駅から出発前の赤い矢号(レッドアロー号)
赤い矢号が停車しているホームへ。
車体も赤い。
あぁ、長年あこがれた赤い矢号にとうとう乗るんや!





機関車

Locomotive of Red Arrow sleeper train before departure, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、モスクワ駅から出発前の赤い矢号(レッドアロー号)機関車
赤い矢号の機関車もやっぱり赤い。
窓から見えるのは運転士さんかな?





出発を待つ列車

Red Arrow sleeper train waiting for departure, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、モスクワ駅で出発を待つ赤い矢号(レッドアロー号)
延々と続く薄暗いホーム、車両ごとに入口で直立する乗務員…昔から変わらないロシアらしさが満載!
変わった事といえば駅で写真撮ってても怒られないことかな。
(昔の共産圏では駅や空港で写真撮ってるのを警官に見つかったらイチャモン付けられていた)





コンパートメント

Compartment of the Red Arrow sleeper train, Russia ロシア、赤い矢号(レッドアロー号)の2等車コンパートメント
自分の席(寝台)に行くとコンパートメントにはまだ誰も来ていないようだったので先に写真撮っておこう。
テーブルには軽食らしきものが置いてある。





ホームに佇む人

Platform of Moskovsky railway station at night, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、夜のモスクワ駅ホーム
まだ出発まで時間があるのでホームをうろうろ。
駅の雰囲気がとても好きなんだが、夜の駅は特に風情があって好きだ。
なんか旅のロマン的なものを感じるんだよなぁ。





軽食の中身

Light meal in the Red Arrow sleeper train, Russia ロシア、赤い矢号(レッドアロー号)の軽食
そんなこんなで時間が来てモスクワへ出発。
テーブルにあった軽食を開けてみると、けっこういろんな物が入っていた。
パン・サラミ・焼き菓子・チーズ・ヨーグルト等々。





朝ごはん

Breakfast in the Red Arrow sleeper train, Russia ロシア、赤い矢号(レッドアロー号)の朝食
夜はとっとと寝てしまい、気が付けば朝。
思いがけず朝ごはんまで付いていた。
しっとりしたケーキのようなものが出たのだが、ほんのり温めてあって甘いソースがかかってて美味しかった!
同じコンパートメントには英語が少し話せる年配の女性がいて、朝ごはん食べながらちょっとだけ会話も出来た。
白いブラウスを着た上品なマダムで写真撮らせていただきたいな〜と思ったけど、多分ダメって言われるだろうと思い言い出せなかった。





朝ごはんを食べ終えるともうモスクワに着く時間がやってきた。
旅の初めの時は深夜の赤の広場周辺しか見れなかったから、実質的にはモスクワ観光は約20年ぶり!!
どこが変わっててどこが変わらないのか?
車窓の景色がだんだん都会っぽくなってきて、ワクワク感も高まってきた!



関連記事

Tag: 旅行 ロシア 写真 サンクトペテルブルク 赤い矢号 夜行列車 メトロ

« 23. モスクワ 赤の広場から町歩き開始 | Home | 21. サンクトペテルブルク 木造教会ポクロフスキー聖堂 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。