2017年09月 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7. アチェンガルゴンパ 絶景の丘でピクニック
Wed.27.09.2017 Posted in Eastern Tibet 2016-17
年末年始旅行どこにするかな〜と思いながらふと『東チベット』が思いついてネット検索した際にたまたま見つけて「ここ行きたい!!」と一目惚れした2つのチベット仏教修行の地、ラルンガルゴンパとアチェンガルゴンパ。
どちらもがこれまで見たことがない、まるでCGで作った空想の町のような写真でした。
そして今、そのうちの1つであるアチェンガルゴンパに来ていて、これから衝撃を受けた絶景を望みに行きます。




巨大なグル・リンポチェ像

Big statue of Padmasaṃbhava on the hilltop, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 丘の上の巨大なグル・リンポチェ像
アチェンガルゴンパを俯瞰する絶景スポットの画像を見せて「ここへ行きたい」と告げ、ドライバー君が人に尋ねて車を走らせ、丘の麓の道端に車を停めた。
雪が残る丘の上には金ピカのでっかい像が建っている。
さっき尼僧院でちびっこ尼さんたちがカーテンを開けて写真を撮らせてくれた時の像だ!
帰国後調べたらこれは仏像ではなくて、チベット仏教の開祖でニンマ派の創始者である『グル・リンボチェ(パドマサンバヴァ)』という方の像だそうだ。
この丘からあの写真で見た景色が見えるはず!
空気薄くて傾斜のあるところを登るのはしんどいけど、低酸素の息切れよりも期待からのドキドキの方がずっと大きい。
心拍数上げながら丘を登っていくと…。





出た〜〜〜〜!!!

Unbelievably superb view of Yarchen Gar アチェンガルゴンパの絶景
これや、これや、これやーーーーーっ!!
これが一目惚れした景色!
大きく蛇行した川の中洲のように見えるところにゴチャゴチャあるのはほぼ全てが修行している数千人とも1万人とも言われる尼僧たちの住居だという。
川が部分的に白いのは凍っているところ。川と雪山の白と快晴の青がたまらない!
右端に建っているのがさっきちびっこ尼僧に出会ったりポートレート撮ったりしていた僧院で、奥の方で少し高台になっている場所が一番最初に訪れた鳥葬台だ。





パノラマで

Unbelievably superb panoramic view of Yarchen Gar アチェンガルゴンパのパノラマ絶景
もいっちょ!携帯のパノラマで撮った因智喜旅遊おなじみのキラリン☆ショット!
(デカくて重い一眼レフで撮った写真より携帯の方が綺麗に見えるのがなんとも…)
荒涼とした地にぽっかり浮かぶ尼僧だけの町。
夏場に来たら瞑想小屋が点在する丘は緑の草原になり、また違った風景になるのだろう。
緑の草原が見たかった気持ちはあるけれど、川が凍っていかにも寒々しいこの感じもまた真冬の今しか見られない。
それにしても…なんという造形美。
ただただ、圧倒。





氷点下ピクニック

Picnic on the hill, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 丘の上でピクニック
実は私、高所恐怖症でして(苦笑)
丘の端っこに立っていると絶景に圧倒されつつも同時に足もすくんでしまい、ブルブル脚が震えているのは感動のせいか高所恐怖症のせいか?ってくらい。
そのせいか、後で見直してみると意外なほどにここで撮った写真の数が少なかった。
ひとしきり眺めを堪能した後は、このために準備していたピクニックの時間♪
足が震えるから丘の端からちょっと奥へ移動して(笑)、デイパックから紙コップとインスタントコーヒーと気圧でパンパンになったお菓子、そして水筒に入れてきたお湯を取り出した。





絶景に乾杯!

Picnic on the hill with great panoramic view, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 丘の上から絶景を眺めながらのピクニック
怖いけどやっぱりこの景色を拝みながらピクニックしたい!という気持ちが当然ながら上回り、もう一度丘の端へ戻った。
立ってたら腰が抜けそうになるから腰を下ろしてあったかいコーヒーでカンパーイ。
いやはや、もう、この時は最高に気分良すぎて、数ヶ月経った今でもこの写真を見るたびに快感が…。

ちなみに蛇足ですが、ネットでよく見るアチェンガルゴンパ俯瞰の写真と私が撮った写真では撮った場所が違っていたようです。
その多くは尼僧の住居群の真ん中にあるメインストリートが斜めではなくまっすぐに見えている。
おそらく、多くの旅人はグル・リンポチェ像の丘ではなく瞑想小屋がある方の丘から撮っているのだと思われます。





金ピカ仏塔

Golden stupa and pilgrims, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 金ピカ仏塔と巡礼者たち
一人離れた場所で写真撮ったりしていたドライバー君が私達のところへ戻ってきたので彼にもウーロン茶のティーパックでお茶を作って渡した。
多分コーヒーを飲む習慣はないだろうと思って日本から持ってきていた飲み物類の中から選んできたのだが、ウーロン茶も飲み慣れていないようで「これ何?」て顔されてしまった。
しばらくして「じゃあそろそろ次行くか」となってピクニックはお開きになり丘から下りた。
個人的には1時間くらいはいても良かったくらいなんだけど仕方ない。
ドライバー君のあとを着いて行くと、これまた金ピカな大きいチョルテン(仏塔)が見えてきた。
男性であるドライバー君はもちろん、男性のお坊さんや巡礼者らしき人たちが歩いているので、ここもまだ男子禁制エリアではないようだ。





ラブリーニット帽のお兄さん

Smiling guy in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 笑顔を向けてくれた男性
道すがら、ピンクの可愛いニット帽を被ったお兄さんにカメラを向けたらニッコリ笑顔を向けてくれた。





マニ車の回廊をコルラ

Prayer wheels in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 回廊に並ぶマニ車
金ピカチョルテンの下はマニ車の回廊になっていて、3回歩いて回るコルラをすることに。
成都を出た日の知らない場所でのマニ塚コルラを見た時の興奮を思い出す。
その時より人の数はずっと少ないが、やはり殆どが民族衣装姿なのでフォトジェニックだ。





さっきの像が

Houses and a big statue of Padmasaṃbhava, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 民家の向こうに見える巨大なグル・リンポチェ像
マニ車回廊からは、さっきまでいたグル・リンポチェ像が見えた。
像の角度から考えると尼僧住居群のある方角とは反対の位置に来ているっぽい。





マニ車回廊コルラ その2

Corridor with prayer wheels, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ マニ車が並ぶ回廊
ずらりと並ぶマニ車と鮮やかな天井が格好良くて絵になり、さっきの絶景の写真は少ないのにここではやけにたくさん撮ってたので、数枚似たような写真が続きます。





マニ車回廊コルラ その3

Golden stupa and prayer wheels, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 金ピカ仏塔とマニ車の列
回廊から見上げた金ピカチョルテン。





マニ車回廊コルラ その4

A monk and prayer wheels in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ マニ車が並ぶ建物をコルラするお坊さん
コルラをする尼僧と群青色が映える美しい曼荼羅図案の天井画。





(動画)五体投地で祈る女性


マニ車回廊の外側には五体投地用の板が並ぶ場所があり、ちょうど1人の女性が五体投地をしているところだった。
チベット仏教徒にとって神聖な五体投地をしている姿を興味本位で動画撮影するのはとても失礼な事だという気持ちと、でも撮りたいという気持ちで葛藤したのだが、結局ご覧のとおり撮ってしまった。
言い訳をしたいわけではないけど、撮影時間がたった15秒(五体投地1回分)というところに私の葛藤が現れてます…。





成都を出て2日目の午前中に、もはや『住居群を眺めながらピクニックする』という1つ目の目的を達成できてしまいました。
なんだか私の旅にしては順調すぎるような!?

次回はこの金ピカチョルテンコルラで出会った人たちのポートレート集です。
尼僧エリアに入っていくのはもうちょっと先になります。





スポンサーサイト

Tag: 旅行 写真 東チベット チベット 甘孜 カンゼ アチェンガルゴンパ 絶景 マニ車

6. アチェンガルゴンパ 尼さん達のポートレート
Mon.11.09.2017 Posted in Eastern Tibet 2016-17
2人の可愛いちびっこ尼僧に案内してもらった尼僧院を出てどこかに行ってしまったドライバー君を待っていたら、お堂の2階にいた尼僧たちが続々と出てきて私達の前を通リ始めました。
これは激写チャーンス!!




出てきた尼僧たち

Nuns walking toward their houses after studying, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 勉強の休憩時間に部屋へ戻る尼僧たち
「チャーンス!」などと意気込んだものの、殆どの尼さんたちは私達がカメラを構えているのを見つけると顔を背けてしまい全然撮れない。
そりゃ断りもなくいきなりバシャバシャ撮るなんて無礼すぎるって分かっているんだけどさ…私だってやられたら絶対そうするわ。
仕方なく、去っていく尼僧たちの後ろ姿を。





微笑む別嬪さん

Smiling beautiful young nun, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 微笑むべっぴんさんな尼僧
しかし!撃沈ムードになりながらもカメラを構えていると、1人のまだ10代っぽい尼さんがかすかに笑みを浮かべてカメラ目線を向けてくれた。
なかなかベッピンな尼さんで、ちょうどモフモフ裏地のコートを頭から被ろうとしていた瞬間。
せっかく絶妙なタイミングだったのにいつもながらのピンぼけ手ブレが悔しいが、自分ではかなり気に入っている1枚。





ガオーッ

Funny nun in Yarchen Gar アチェンガルゴンパのおちゃらけ系尼さん
大人のポートレートは全然ダメだったけど、子ども尼さんだけは私達のカメラに興味を持って相手になってくれた。
両手ピース&変顔でこちらに向かって走ってきたやんちゃっぽい子(笑)
勢いが良すぎてまたもやピントが間に合わず。





女優

Lovely little nun in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ カメラに向かってポーズする可愛いちびっこ尼僧
うって変わって、こちらは私達を見つけると立ち止まってしっかり静止して笑顔でポーズ取った美少女ちゃん。
ポーズの取り方もまるでプロのアイドルか子役女優かってくらい慣れた感じでビックリ!





見つめる先は…

Portrait of young nuns, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 若い尼僧たち
2人揃って見つめる先は、同行者のカメラです(笑)





Portrait of young nuns, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 若い尼僧たち
だんだんと小学〜中学生くらいの年齢な尼さん達が面白がって集まりだして「撮って撮って」攻撃になってきた。
イイヨイイヨ〜!こうでなくっちゃ。
(大人の尼僧たちはガン無視で通り過ぎていくばかり)





美少女2ショット

Portrait of young nuns, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 若い尼僧たち
どちらもかなりの美少女。
特に向かって左の子、長いまつげと潤んだ瞳で色気がハンパない。
陸の孤島のようなところで仏教の修行をしているといっても普通にスマホ持ってる現代の若者。
きっと普段から自撮りとかしているだろうから撮られるのにもそれほど抵抗がないのかもしれないね。





ファンキー赤ずきん

Little nun in Yarchen Gar アチェンガルゴンパのちびっこ尼僧
頭から飛び出しているコート裏地の毛足の長いフェイクファーが、一見赤く染めた髪を立たせたファンキー少女のように見える。
いたずら好きそうな表情もええわー。





戻ってきた尼僧たち 1

Nuns walking with hot-water bottles in their hands, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 湯たんぽを持って歩く尼僧たち
子ども尼さんたちから撮って撮って攻撃されたり一緒に記念写真撮ったりしているうちに、去って行っていた尼僧たちがまた僧院の方へ戻ってきだした。
もう今日の講義は終了なのかと思っていたが、どうやら短い休憩時間だったようだ。
しかも見ているとたいがいの人が手に何か温かいものを持って歩いてくる。
やはり大人の尼さんたちはカメラに気が付くと顔を隠してしまうのでポートレートは諦めて遠目からのスナップショットを狙うことにした。
この方達は湯たんぽを持っている。
お堂内ものっすごく寒かったからねぇ。次の授業に備えて新しいお湯に入れ替えてきたのだろう。





戻ってきた尼僧たち 2

Walking nuns in Yarchen Gar アチェンガルゴンパの尼僧たち
他の人たちも、ホットドリンクのカップやら…





戻ってきた尼僧たち 3

Nuns walking with instant noodles in their hands, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ カップ麺を手に持って歩く尼僧たち
お湯を入れたカップ麺も!
勝手なイメージで修行僧たちってカップ麺など食べないように思ってたけど普通に食べてるんやね。





凛々しい美少女

A beautiful nun in Yarchen Gar アチェンガルゴンパの美人な尼さん
そんな中で、1人飲み物もカップ麺も持たず、意志の強そうな瞳のキリッとした美人尼僧が歩いてきた。
頭に乗っけた独特の山吹色した帽子や背後の雪山が彼女の凛とした雰囲気を一層際立たせていた。
年齢的には高校生くらい?だから私達のカメラには向いてくれなかったが、この方に関してはそれがいい。
最初の微笑の子のと共にに私のお気に入りショットだ。





お外で勉強

Nuns studying outdoor, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 日向ぼっこしながら勉強する尼僧たち
商店の外に座り込んで本を読み勉強している尼僧たち。
確かに、外も十分寒いが暖房のない屋内はもっと冷え切っているから日向ぼっこで勉強した方が暖かいのかも。





窓からこんにちは

A nun in the colorfully decorated window, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 窓から顔を出す尼僧
いつの間にかドライバー君が戻ってきていた。
次はどこへ行くのだろうか。
1軒の建物の前に行くと、上階の枠装飾がステキな窓から1人の尼僧が顔を出した。
もしかしたらこの方がドライバー君が言ってた『姉』なのかな?
何やら会話してたような気がするがあまり覚えていない。
「もうちょっと待ってて」とか言ってたのかも。





タイミング良く休憩時間の尼僧たちの姿をたくさん(ほぼ子どもたちだけど)撮ることが出来る時間が取れてまたラッキーだった。
車に戻った私達、ドライバー君は次どこに行くか決めていないようだったので、私は旅行前にスマホに保存していた例の絶景スポットの写真をドライバー君に見せて「ここに行きたい!」とリクエスト。
ガイドブックがある場合はガイドブックに載っている写真を、無い場合はネットで拾った写真を携帯に保存しておいて、例えば現地でローカルバスに乗って降りる場所が分からない時に運転手や周りの人に見せて「ここに行きたいから降りる場所で知らせて!」とアピールするのに大変役に立つ。
経験上、その行きたい場所の名前が現地では違う名前で通っている事もけっこうあり、言葉で言うより写真見せる方が一目瞭然で絶対に便利!
(同様に事前調査で欲しいと思ったお土産物や食べたい物なども、お店の人に写真で見せると分かってもらいやすいです)
そんなわけでこの絶景スポットもあらかじめネット上から保存しておいたのだった。
アチェンガルゴンパに詳しくなさそうなドライバー君、写真を見てここでも人に尋ねてみてからおもむろに車を走らせ始めた。

いよいよあのネットで見て衝撃的だった写真の場所に…!!




Tag: 旅行 写真 東チベット チベット 甘孜 カンゼ アチェンガルゴンパ 尼僧 尼さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。