2017年08月 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5. アチェンガルゴンパ ちびっこ尼さんとの出会い
Mon.21.08.2017 Posted in Eastern Tibet 2016-17
アチェンガルゴンパ、ここからが本編となります。




A big censer and many shoes in front of the nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧院手前の「亜青寺」と書かれた香炉とたくさんの脱がれた靴
アチェンガルゴンパに着いて、ドライバー君がその辺にいた数人に何やら尋ねたりしながら進んでゆき、車を停めたのは小さめな寺院の横だった。
「行ってこい」と促されたので車を降りてお堂に近づく。
お堂手前の香炉には『亜青寺』(ヤーチンスー。アチェンガルゴンパの中国語名)と書いてある。
そしてお堂入口の階段下にはたくさんの靴が並んでいる。
中で大勢の尼僧たちが修行しているのだろうか?





紺碧の空と尼僧院

Exterior appearance of a nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧院の外観
この雲一つない紺碧の青空はどうよ!
カラフル原色系な外観をしたお堂が朝の光を受けていっそう鮮やかで眩しいくらい。





スノーライオン

Entrance of a nunnery with a snow lion (or guardian lion), Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧院入口と狛犬に似たスノーライオン
お堂入口の左右には狛犬らしきものが。
ほほぉ、日本と同じなんや〜とその時はただ共通点が嬉しかっただけだったのだが、帰国後「でも狛犬って神社やなかったっけ?」とふと気になって調べてみた。
狛犬=神社って思い込んでたけど、Wikipediaによれば神社にもお寺にもいるものだそうで、元々は古代インドの守護獣としてのライオンだとのこと。
更に私が興味深かったのは、かのスフィンクスも同じ流れにあると知ったこと!
昔個人的に唐草文様の起源と変遷を調べていたことがあり、その時のワクワク感が甦った。
(興味のある方は読んでみてください→Wikipediaの狛犬のページ
あ、大事なこと忘れてた。こちらの寺院のは狛犬に似ているがチベット仏教の聖獣『スノーライオン』なんだそうだ。
以前『国』だった頃のチベットの国章であり、現在も亡命政府の旗にデザインされているとのこと。
そういえばネットでその旗見たことあったなぁ。





ファサードの装飾

colorful facade decoration of a nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧院入口上部の装飾
入口上部の装飾をアップで。
ただ派手なだけではなく、金色の部分には浮き彫りが、カラーの部分もグラデーションを使ったりして結構凝ったデザインだった。





お堂の中へ…

Interior of a nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧院の内装
ちょっと緊張しながら入口から靴を脱いで入ってみた。
あれ?あんなに靴が並んでいたのに人の気配がほとんどない…。
尼さんたちがずらりと並んで読経とかしているのかと想像していたんだけど。
でもこの堂内の雰囲気、過去に訪れたラサの記憶を一気に呼び覚ましてくれた。
それにしても、絨毯は敷いてあるものの暖房なんてない底冷えのお堂の床から裸足の足元へ伝わる冷気が半端ない!
外にいるよりも身体がどんどん冷えてくる。





お祈りをしている尼僧

A nun praying in the nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ お祈りをしている尼僧
がらんとした堂内で、ひとりお祈りをしている尼僧がいた。





ちびっこ尼僧登場!

A little innocent nun beckons us to come further into the temple, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ もっと奥へおいでと手招きしてくれる無邪気な尼僧の少女
お祈りをしている尼僧1人だけかと思ったら、小学校高学年くらい?のちいさな尼さん2人がいた。
私達の姿を見つけた彼女たちは最初ものすごくビックリした表情をした。
可愛いから写真を撮らせてもらおうとカメラを向けると「ヤダ〜!」って感じで逃げてしまう2人だったが、お堂を見学しに来たのだと気付くと『おいでおいで』とゼスチャーをして堂内を案内をしてくれることに。
これはおいでおいでポーズの時にすかさず撮った1枚。
頭の形がとても綺麗な丸型の、無邪気な笑顔が愛らしい尼僧ちゃん。顔は幼いが手にはしっかりと数珠。





ちいさなガイドさん

Little nuns showing us around the temple, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 寺院内を案内してくれるちびっこ尼僧たち
そうやって、ちびっこ尼僧2名の先導によるお堂ガイドツアー開始!
(見やすいように画像を明るめにいじってますが、堂内は本当はもっと薄暗いので全部ブレブレかつ高感度撮影なため画質悪いです)





仏像

Golden statue of a Buddhist saint in a nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 亜青寺内の仏像
堂内の奥の方にはチベット仏教らしい金色をした密教的な仏像・菩薩像が数体並んでいた。
ちびっこガイドが説明してくれるがチベット語だし分かるわけもなく。
自分たちの写真は嫌がる彼女たちだが、仏像に関しては「写真、写真!」としきりに促すのでとりあえずパチパチ撮った。
仏像もええんやけど、私はあなたたちの姿の方が撮りたいんや〜〜!と思いながら…。
そんなこと考えつつパチパチしていたらちびっこガイドの1人が私に向かって「さぁさぁ、こうやって仏様に祈りを捧げて!」と自身で見本を示しながら『五体投地』で祈ることを求めてきた(笑)
モッコモコに着膨れして首からカメラもぶら下げている出で立ちでの高速五体投地(1つの仏像につき3回!)はけっこうしんどかったよ。。。
でも彼女たち尼僧にとって非常に大切な仏像なのに違いないのだから、あたしゃ頑張って求めに従い仏像1体につき3度五体投地しましたよ!





カーテンを上げてくれる2人

Little nuns trying to show us outside view, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 外の景色を見せようとカーテンをよけてくれる尼僧たち
仏像が並ぶエリアを抜けると、窓の外に大きな金色の像が建つ丘が見えて「わーキレイ!」って言ってると、すぐに察した2人はわざわざ私達が外の写真が撮りやすいようにと背伸びしてカーテンを引っ張って除けてくれようとしてくれた。
私は彼女たちのそんな純粋な親切さと無邪気な仕草がまた愛おしすぎて心がきゅーーん。





カーテンを開けてくれるちびっこ尼僧

Little nun trying to show us outside view, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 外の景色を見せようとカーテンをよけてくれる尼僧
「これで外の像が撮れるかな?」って感じで背伸びしてカーテンを引っ張ってくれている純粋なちびっこちゃんとは裏腹に、ずるい私はそんな彼女の姿をフレームにしっかり入れてパチリ。
彼女は自分が一緒に写されているなんて考えてもいないはず…。





屋上へ

Thousands of nuns' houses view from a nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧院屋上から見た尼僧たちの住居群
お堂を一周した後、これで終わりかなと思ったら2人は私たちに屋上へ上がるよう促してくれた。
入口にたくさんの靴があったのは、殆どの尼僧が建物2階で勉強をしているからのようだった。
このちびっこたちがたままた1階にいたのはまだ彼女たちにはその勉強が早すぎるからだったのかな?
屋上へ上がる時、どちらからともなく自然と手を繋いで登っていた。
寒さと乾燥とでガッサガサになった冷たくて小さな手を繋いで階段を登る時、私はなんとも言えない気持ちになった。
実際の所は分からないし、これがチベットの伝統だと言われたら仕方ないんだけど、こんな小さな頃に自ら志願して寺に入ったわけではないのでは?とか想像すると切なくなってしまって。
私とペアになった子は手を繋ぐととっても嬉しそうな顔をして、私の手がまるで母親の手であるかのようにギュッとしっかり握ってくる。
かわいいちびっこ尼さんガイドとの触れ合いという嬉しさとともに、まだまだお母さんに甘えたい歳だろうに…とか切ない感情も湧いてきて、複雑な気持ちになってまた心がキューンとなった。
そんなことを考えながら屋上に着くと、眼下にはアチェンガルゴンパの1万人くらいいるとされている尼僧たちの僧房群が太陽の光で陰影を作りながらずっと奥まで広がる様子が見えた。おおースゴイ!!





お堂群と雪山

Landscape view from a nunnery, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 尼僧院屋上からの眺め
見る方角を変えると、今いるお堂のカラフル壁の一部越しに別の2つの大きなお堂のようなものと、その奥には瞑想小屋が点在して更に奥には雪を被った山並みが一望。





開放感

Lovely little nun smiling at the rooftop, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 寺の屋上に連れて行ってくれた可愛い尼さん
1階ではあんなに写真に写りたがらなかったのに、屋上という開放感からか、ここでは尼僧としてというより普通の小さな女の子として若干恥ずかしそうに可愛くポーズ取ってカメラに向かってくれた。
無垢な笑顔が本当に可愛らしすぎてたまんねぇ〜〜!





ありがとうちびっこ尼僧ちゃん!

Cute little innocent nuns, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ とっても可愛い仲良しちびっこ尼僧
案内してくれた2人の記念写真。とっても仲が良さそうやね。
以前ウイグルで撮ったポートレートを次の旅行に持ってきて被写体になってくれた人たちに渡して歩いたことがあり、この写真もいつの日かまたアチェンガルゴンパに再訪して渡すことが出来たら最高だろうなぁ。
キーンと冷えた朝9時半の屋上で、靴を履いてない足元は冷えすぎてジンジンしていたけど、そんなことはどうでも良くなるくらいにちびっこ尼僧の純真無垢な姿に心はぽっかぽかに暖かくなっていた。
まだアチェンガルゴンパ着いてすぐだが、彼女たちに出会えたお陰でもう既に「ここに来てよかった!」とかなり心が満たされてしまった私であった。





お堂の横の門

A gate in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ内の門
屋上から降りて、ちびっこ尼僧コンビとお別れしてお堂を後にした。
上に書いたようにちょっと色々想像して切なくなったりはしたものの、見上げる空はステキな思い出を作ってくれたあの2人のように澄み切っていて、尼僧院の横に建っていた美しい門を撮る時にもそんな余韻を感じながらシャッターを押していた。
これからも延々と続くであろう修業の日々、仲間たちと一緒にしっかりと一人前の尼僧さんになっていくことだろう。
アチェンガルゴンパは彼女たちにとっては部外者が言うところの『秘境』でもなんでもなく、ただ毎日修行と祈りと生活を営む『日常の町』なのだ。
自分も完全に物見遊山な観光客の1人だから偉そうな事は言えないけど、今後もこの地が『開発』の名のもとに変わっていってしまわないことを願ってやまない。





外に出てしばらくドライバー君を待っていたが見当たらない。
どうしたもんかと思っていたら2階にいた尼僧たちが勉強を終えたのかゾロゾロと建物から出てきた。
おっ!これはまた激写チャンスやないの!?
というわけで、次回はお堂の外を行き交う尼僧たちの様子をひたすら並べたエントリーになる予定です(笑)





スポンサーサイト

Tag: 旅行 写真 東チベット チベット 甘孜 カンゼ アチェンガルゴンパ お寺 尼僧 尼さん

4. アチェンガルゴンパへ出発
Mon.07.08.2017 Posted in Eastern Tibet 2016-17
甘孜(カンゼ)に深夜に到着した数時間後の12月30日朝。
今日はアチェンガルゴンパへ日帰りで訪れます。




まだ真っ暗な中出発

Now we are heading to Yarchen Gar from Garzê 早朝甘孜からアチェンガルゴンパへ出発
アラームに起こされて早朝に起床。
康定で1泊せず勢いのまま甘孜まで来てしまったが、ダイアモックスを飲んでいるからか今のところ高山病っぽい症状はない。
準備していたら約束の時間に1分ほど遅れてしまった。
実は正直なところ、ドライバー君も時間通りにロビーに来ていないだろうと思って油断していた。
しかし部屋を出る時携帯のWeixin(WeChatとも。中国版LINE的なアプリ)にドライバー君からのメッセージが着信。
見てみたらお母さんがフライパンを叩いて子どもを起こすGIFアニメが(笑)
なるほど。言葉が通じなくてもこれで絶対「はよ起きろ!」って言いたいって分かるよね。
彼は中国語の文字が読めないため私から文字で送れないし、私は会話がほぼ出来ないから向こうから音声チャットで送ってこられても理解できないしで、Weixin友達登録しても意味ないかなと思いつつも一応念のため昨夜登録していた。
簡単な事なのにそういう使い方思いつかなかったわ〜賢いやん。
しかも時間もキッチリ守るドライバー君。エライ!どうせ来てないなんて見くびってごめんなさい。
と、そんなわけで1分ほど遅れてロビーに降り、いざアチェンガルゴンパへ出発だ!
外に出るとまだ真っ暗。
写真からのイメージでもっと早い時間だった気がしていたが、日時データ見たら6時だった。
東チベットは夜明けが遅いんやね。





夜明け前のメインストリート

A street in the early morning, Garzê 早朝の甘孜の町
出発〜!って思ってたらドライバー君、すぐ近くの朝ご飯屋さんで停車…。
ご飯食べに店に入ってしまった。
私たちは朝ご飯食べる気にならなかったので店には入らずその辺で写真撮ったりして過ごした。
ここは『川藏路』という甘孜の町のメインストリート。
建物の感じもチベットらしさが出ていて、昼間は賑わってるのかなとか想像が膨らむ。





巨大マニ石

Big Mani stone painting on the way from Garze toYarchen Gar 甘孜からアチェンガルゴンパまでの道中の仏画が描かれた大きなマニ石
サクッと朝ご飯食べたドライバー君が出てきて今度こそ出発!
町を出て山道をどんどん走っていく。
道が凍っているところがあってかなりハラハラしたりしつつも、外が暗い間は寝たり起きたりしていた。
少し明るくなった8時頃、仏画とお経がペイントされたでっかい岩(これもマニ石の一種と言えるのかな?)の所で車を停めてくれた。
今日も頼まなくても道中でフォトジェニックなものがあると車を停めてくれる兄ちゃんだ。





凍った川

Frozen river on the way from Garze to Yarchen Gar 甘孜からアチェンガルゴンパまでの道中にある見た凍った川
巨大マニ石からほどなく、見晴らしの良いところでまた車を停めた。
さっきは車の中から窓を開けて写真撮っただけだったが今回は外に出てみた。
さっぶーーーー!川も凍ってる。
高度4000m超えているであろう場所で年末の日の出前、キンキンに寒くて当然。
川の向こうがオレンジ色を帯び始めていて幻想的だ。





おそるおそる…

Frozen river on the way from Garze toYarchen Gar, 甘孜からアチェンガルゴンパまでの道中の凍った川
兄ちゃんが道路から川岸へ歩いていくので付いていった。
川は凍ってると言っても完全にガチガチに凍結しているほどではないからちょっとドキドキしながらすこーしだけ凍った上に乗ってみた。
しまむらで偶然見つけたチベット民族衣装のボーダー柄エプロンにそっくりなフリースの巻きスカート、今よりずっと質実剛健かつもっさりしていた10年以上前のユニクロのモッコモコな裏フリースパンツ(中も勿論モコモコレギンス)、いつかオーロラを見に行くときに履きたいと思いながら未だ実現せずお蔵入りしていたスノーブーツという完全防備スタイルで実際よりも更にデブって見えるが見た目にかまってる場合ではありません!





結晶

Big ice crystals on the frozen river, Yarchen Gar アチェンガルゴンパへの道中で見た大きな氷の結晶
おそるおそる立った凍った川の上に大きな氷の結晶が落ちていた。
上の写真の右上辺りにあったもので、直径数センチある結晶。
こんな大きな結晶初めて見た!上手に撮れなかったけど思い出深い1枚だ。





オンチェン

Hot spring in the river on the way to Yarchen Gar, 甘孜からアチェンガルゴンパまでの道中で見た温泉
兄ちゃんは相変わらず気遣いの出来る人で、ここで私達の2ショットを何枚も撮ってくれたりした。
その後車に戻ってまた山道を走っていると、煙が出ている建物があった。
兄ちゃんがそこを指差して何やら言うものの理解出来ていなかったが、「オンチェン」が温泉だと気が付いた。
色んな人のブログ等からの情報では康定や甘孜には温泉施設があるそうで、実は明日甘孜の町で温泉に行ってみたいと思っていた。
どこかのブログでそういやオンチェンって書いてあったなと思い出したのだ。
温泉施設は全て個室らしいのだが、ここで入ったら露天風呂になるのかなぁ。
入ってみる勇気はない(笑)





ゲートが!

A gate leads to Yarchen Gar アチェンガルゴンパへ続く門
それから30分ほど走り、すっかり夜が明けて空は澄み切った青になった。
すると突然前方に門が現れた。いよいよアチェンガルゴンパ到着か!?
少し日本の神社の鳥居に似た感じなのもあり、これより先は聖地って感じがして気が引き締まる。
ここでも車を降りて門と青空の写真を撮っているとタイミング良く2人乗りのバイクが走ってきた。
逆光の門と朝日を浴びたバイクの2人、絵になる!
こんなにいいお天気だし、きっと今日はステキな1日になるはず。





鳥葬場

Sky burial area in Yarchen Gar, アチェンガルゴンパの鳥葬場
門を抜けたらすぐにあの絶景が目の前に広がるのかと思っていたら全然まだそれらしきものは見えず。
代わりに道沿いから少し丘を登ったところにある鳥葬場に連れて行ってくれた。
ラルンガルゴンパの鳥葬が有名だが現在はほとんど観光客向け『ショー』と化しているという噂。
アチェンガルゴンパでも鳥葬はやっているものの毎日ではなさそうで、今日はあるのかどうかは分からない。
ここで遺体を解体するのであろうと思われる石の台、その上にポツンと置いてある大きな骨が不気味だ。
不気味ではあるが、こんなに空気も空も澄み切っているからか、血生臭さは感じられなかった。





鳥葬場のチョルテン

Buddhist stupas in sky burial area, Yarchen Gar, アチェンガルゴンパの鳥葬場の仏塔
鳥葬場の端には小さめの白い仏塔(チョルテン)が鳥葬台を見守るように並んでいた。





イケメンさん

A guy in Yarchen Gar アチェンガルゴンパ男性エリアのイケメンさん
鳥葬場を出て、更に車を走らせる。
集落っぽいところにいた青年がかなりのハンサムさん!
しかしまた手ブレでシャキッと撮れずガックシ…。





作業中の男性たち

Working people in Yarchen Gar アチェンガルゴンパの男性エリアにて
ドライバー君はこの辺に詳しいのかと思っていたがそうでもなさそうで、ところどころで車を停めて人に尋ねているようだ。
ちょっとラルンガルゴンパを想像させるような赤い家並みを背景に何やら作業をしていた男性たちにも声をかけていた。
もちろんそんな時は絶好の写真タイム。
車の中からパシャパシャしてたら不審そうな顔を向けられてしまった。
その時は特に考えてなかったが、尼僧ばかりの町だと聞いていたのにこれだけ男性がいるということは、ここはまだ尼僧エリアの外側だったのだろう。





完全防備

Perfect cold protection, Yarchen Gar, アチェンガルゴンパの男性エリアにて完全防備の人
綿入れチュバを纏って頭に布をぐるぐる巻きにして完全防寒していたお兄さん。
すごく眼力あって格好いい方だったが「撮ってんじゃねーよ!」との圧力がすごかった。





やさしそうな男性

A man in Yarchen Gar, アチェンガルゴンパの男性エリアにて
逆に、こちらのおじさんはちょっと柔和な表情でドライバー君に道を教えてくれていた。





瞑想小屋

Small meditation huts in grassland, Yarchen Gar, アチェンガルゴンパ 草原に点在する瞑想小屋
作業中だった場所を離れて走っていると見えてきたのは、雪を被った山の手前にちっちゃな小屋が点在する場所。
事前のリサーチでこれらが修行者たちが篭って瞑想をする小屋だと知っていたから「おお、これかー!」と興奮。
そしてその辺りを野良犬が数匹ウロウロしていた。
今ではかなり数が減ったと言われているようだが、以前は野良犬がとても多くて早朝や夜の散策はけっこう怖かったらしい。





草原に立つ尼僧

A Tibetan buddhist nun stands in grassland, Yarchen Gar アチェンガルゴンパ 草原に立つ尼僧
瞑想小屋エリアで第一村人…ならぬ第一尼僧発見。
ドライバー君はその人にも声を掛けて何かを尋ねていた。
これまた絶好の写真チャンス!と、後方座席の窓を開けてパチリ。
お陰さまで快晴の空に映える臙脂色のモフモフ僧衣、眉間にシワ寄せた尼僧さんの表情も背後の小屋たちもめっちゃエエ感じの個人的にお気に入りな1枚が撮れた!
気候が良い頃にはこの辺も緑の草原になって、昼間尼僧さんたちが瞑想したりピクニックしたりしてるらしい。
そんな時にまた訪れられたら最高やろなぁ。
彼らの会話は全く分からなかったが、彼女と別れた後ドライバー君は「今の人は漢族の尼僧だ」と教えてくれた。
チベット仏教の修行をしてるのはチベット族だけではないと以前にネット上で見ていたから驚きはなかったけど、実際に目にすることが出来るとは思っていなかったので、そういう意味でも私にとって貴重な1枚になった。





漢族の尼僧が指差していた方へ車を進めていき始めた兄ちゃん。
兄ちゃんはいったい何処を目指しているのだろう?
地図がないので何がなんやら分からなく、ただドキドキしながら後部座席に座ってどこに連れてってくれるのか彼に身を委ねるしかない私達だった。

この後辿り着いた小さなお寺で、アチェンガルゴンパを見下ろす例の絶景以上に一番忘れられない思い出ができるとは、その時には思ってもみなかった…。




Tag: 旅行 写真 東チベット チベット 甘孜 カンゼ アチェンガルゴンパ 鳥葬場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。