2016年08月 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4. ジャイプール市内観光(風の宮殿)
Wed.31.08.2016 Posted in Rajasthan, India 2015-16
ジャイプール郊外にあるアンベール城・アノーキー美術館・階段井戸を回った後、再び街の中心部へと移動。
いよいよラジャスタンに興味を持つきっかけとなった『風の宮殿』を目指します!




水の宮殿

Misty Jal Mahal (Water Palace) on the lake, Jaipur, India ジャイプール、靄がかかった水の宮殿
アンベール城方面から街の中心に戻る途中の道から見える『水の宮殿』で写真ストップしてもらった。
ちょっと靄った感じが神秘的なんだけど、多分霞んでるのは大気汚染のせい…。





お土産露店

Jal Mahal (Water Palace) on the lake, Jaipur, India ジャイプール、水の宮殿
ここで写真撮る人が多いからか道の歩道ではお土産を売る露店がずらりと並んでいた。
まだインドに来たばかりで値段の相場もよく分からないから、興味はあるけどとりあえず横目で見てスルー。





インド初ターリー!

My first thali in India!, Jaipur ジャイプールでインド最初のターリー
旅の前から、水の宮殿から風の宮殿への間にあるテキスタイルショップ『Heritage Textiles』を口コミサイトで見て行ってみたいと思ってて、ドライバー氏に頼んで行ってもらった。
幹線道路から少し入った路地の奥にあるので自力だと迷ったかもしれない。
空港でシムフリー携帯にインドSIMを入れてもらってたのだが実はまだこの時ネットが全然繋がらなくてグーグルマップで場所を見せることが出来なかったのだが、なんとかドライバー氏は見つけてくれた。
中に入るとたくさんのブロックプリント生地が積み上げられており、既成品の服やストールなどの小物もあった。
私は既成品よりオーダーメイドをしてみたかったので店員さんと相談。
好きな布を選ぶにもたくさんあって優柔不断な私は迷いまくり、なんとか2種類の生地をチョイスした。
ブラウスを作ってもらいたくて、口で説明するより伝わるだろうと思って「これと同じようにしてほしい」と手持ちのブラウスもちゃんと持参していたのに、「ダメ!この店の既成品と同じデザインから選んでくれ」と…。え〜ちょっとガッカリ。
まぁそれでもシンプルなチュニック風ブラウス2種を既成品から選んで「このデザインで」と伝えるとオーダー担当者が呼ばれて採寸。
簡単な注文(袖は長めとか着丈は長くしすぎないでとか)には応えてくれるが、例えば「タックを入れて欲しい」とか「フレア袖にして欲しい」などという注文は却下された(笑)フルオーダーではなくイージーオーダーやね。
この店のウリは当日仕上げてホテルまで届けてくれることなんだけど、私はもう今夜の夜行列車でジャイサルメールへと向かうので夕方またここに取りに来ることになった。
お値段の方はインドだから激安!とはいかないけど自分で選んだ生地でジャストサイズに作ってもらう楽しみ代込みで考えるとまずまずそんなに高くもなかった。
(興味ある方はトリップアドバイザーのページで確認してみてください。当然賛否両論だしサクラっぽい書き込みもあるようですので自己判断でどうぞ)

…おっと、前置きが長くなりすぎた。
そうやってオーダーが終わってようやく昼ごはんの時間!
どこで食べよかな〜地元で人気のカレーの店がいいな〜と考えてる間もなく、ドライバー氏は有無を言わせず1軒のレストランの前に車を停め、「さ、ここで食べてって」と…。
どうせ「人気の店に」と行っても「ここが人気店だ!」て言うやろからもうええわーと諦めて中へ。
『Yugo Garden and Restaurant』という店でベジタリアン専門店のようで、まぁなかなか客は多かった。
そこでインドに来て初のターリー(定食)を注文。
ほうれん草カレーなど2種・チャパティとパパド・ライス・激甘デザートをいただいた。
私はナンが大・大・大好物なんだけど残念ながらナンはなし(インドでは高級店でしかナンはないらしい)。
とにかく、昨日インドに着いてからまだチャイとラッシーのみだったので初の食事にありつけた。





野良牛発見

A cow walking on the street, Jaipur, India ジャイプール、風の宮殿近くの門の前を歩く牛さん
そんなこんなで午後3時頃になってやっと念願の風の宮殿へ!
宮殿裏手の広いパーキングに車を停めて、ここからしばらくは自分で好きなように歩いて観光して夕方ごろ戻ってくる予定だ。
美しい装飾のゲートを超えた辺りで振り返ると野良牛さんが歩いていた。





風の宮殿!

Hawa Mahal (Palace of Winds) with blue sky, Jaipur, India ジャイプール、風の宮殿と青空
宮殿の中に入る前にまずは外からの眺めを撮らないと!
しかし道沿いにドドンと建ってるのでなかなか全体を写真に収めるのが難しく、道を渡った反対側から見上げてパチリ。
ああ、雲もエエ感じ〜。





誘われて…

Facade of Hawa Mahal (Palace of Winds), Jaipur, India ジャイプール、風の宮殿正面
写真撮ってると1人の若者が声をかけてきた。
「この建物の上階からだともっとキレイに見れるから上がっていいよ」と。
あ・や・し・い!
「いや、ここで十分ですから」と言っても「遠慮せず上がりなよ」としつこく誘ってくる。
う〜〜む、そりゃ向かいの建物の窓からだったら見上げる感じじゃなく正面から見られるよなぁ。。。
誘惑に勝てず結局付いていく私(笑)
若者と一緒に階段を登り、ベランダから垂直線が真っ直ぐな風の宮殿の正面写真を急いで撮りまくった。





パノラマ

Panoramic view of Hawa Mahal, Jaipur, India ジャイプール、道向かいの建物から見た風の宮殿
そこから携帯カメラのパノラマで撮った1枚。
道が不自然にぐにゃってなってるのはパノラマ機能のため。
不自然だけど、宮殿だけを見上げて撮るより人や車が行き交う道路や左右に広がる商店街の様子が分かって楽しい。
慌てて撮りまくったのはもちろん何が起こるか分からないしさっさと済ませて早く出たかったからなのに、若者が「屋上からだともっと眺めがいいよ」と更に誘ってきた。
え〜どうしよう?と思っていたら欧米人の数人のグループも屋上に上がっているのが見えたので、1人じゃないから大丈夫かなと思ってまたノコノコ付いていった。
屋上では若者が「君の写真を撮ってあげよう」と私の携帯で風の宮殿をバックに何枚も写真を撮ってくれた。
適当な所で「ありがとう!じゃあそろそろ降りるわ」と言うと「俺の店ちょっと見ていって!シルバージュエリーの店なんだ」と言い出した。
ハハハ、やっぱりそれか!
「いや、ゴメン。ドライバーが私を待ってるから時間ないんだわ」(ウソ)と逃げようとするも若者も負けずに自分の店の鍵を開けて入らせようとする。
入って商品並べられてしまうと今度こそ逃げづらくなると思ったので「ホンマに時間ないのゴメン!」とハッキリ言ってどうにか切り抜けた。
日本にも何度も商売で来てるそうでLineの友達に日本人がたくさんいるのを見せて信頼させようと必死だった兄ちゃん…すまんね。
お陰さまで風の宮殿の正面写真をゲットすることが出来た。
無事下に降りてきてホッとした。
危害を加えるとかじゃなく単に商売に結びつけたかっただけだったようなので結果オーライだったが、警戒するには越したことはない。
きっと個人でウロウロしてる日本人を見かけると声掛けてるんだろうな。





宮殿の色ガラス

Interior of Hawa Mahal (Palace of Winds), Jaipur, India ジャイプール、風の宮殿内装
兄ちゃんと笑顔でお別れして今度こそ風の宮殿内部へ!
しかし入口が非常に分かりにくい。記憶が確かならば、向かって右の商店街に目立たない入口への案内板があった気がする。
入口は宮殿の裏側で、思いがけずすごい行列でビックリした。
しばらく並んでやっと入れたが、中も大混雑で擦れ違うのもちょっと大変なレベル。
しかも殆どが外国人観光客ではなくインド人観光客なのに更にビックリだった。
楽しみの1つだった色ガラスの窓は可愛いけどものすごくフォトジェニックってこともなく。
午前中だと東側からの陽の光で色ガラスから光が差し込んで幻想的な光景が見られると聞いていたから出来れば午前中に来たかったのだが、結局全然間に合わなかったから仕方ないな。





薄っぺらい宮殿

Jaipur city view from upper floor of Hawa Mahal (Palace of Winds), India 風の宮殿上層階から見るジャイプールの町
ご存じの方も多いと思うが、風の宮殿は前から見ると普通に宮殿に見えるけど、実は奥行きがほとんどない薄〜い宮殿なのだ。
Wikiによれば『ピンク色をした砂岩を外壁に用いた5階建ての建造物で、953の小窓が通りに面している。この小窓から宮廷の女性たちが自らの姿を外から見られることなく、街の様子を見たり、祭を見て楽しむことができるようになっている(一部抜粋)』という目的で作られたからなのだろう。
上層に上がるほどにどんどん薄くなってきて、この写真で薄っぺらさを感じていただければ。
宮殿の薄さとさっき写真撮らせてもらった道向かいの商店街の様子が見えて私のお気に入りショットだ。
人が多すぎて騒がしいし上がっていくにも一苦労で、往時の宮殿の女性たちの優雅な姿を偲ぶのには無理があったが、憧れていた宮殿の姿が外からも中からも見られたので満足満足。





風の宮殿から見たジャンタル・マンタル

Jantar Mantar monument view from Hawa Mahal (Palace of Winds), Jaipur, India ジャイプール、風の宮殿から見たジャンタル・マンタル
風の宮殿からは近くにある『ジャンタル・マンタル』という古い天文観測所的な所も垣間見られた。
三角形の建造物がある辺り。
ジャンタル・マンタルがすごく良かったという声も聞くが私はここから眺めただけで入場はしなかった。





宮殿の少女

A girl in Hawa Mahal (Palace of Winds), Jaipur, India ジャイプール、風の宮殿で遊んでいた女の子
風の宮殿のほそーい通路を通って遊んでいた女の子。赤いドレスが雲型アーチとともに雰囲気抜群。





人がひしめく風の宮殿を出てからは、適当にブラブラ街を歩いてみる予定。






スポンサーサイト

Tag: 旅行 写真 インド ラジャスタン ジャイプール 風の宮殿 ハワー・マハル 水の宮殿

inchiki tour 『旅行記のようなもの』旅先別目次
Wed.17.08.2016 Posted in 目次
1つの旅行でダラダラとたくさんのエントリが続く我が『inchiki tour』。
訪れてくださった方々の中には、最初から見たかったり、ある1つの町についてだけ調べたかったりする場合も多いと思います。
私自身、他の方のブログの1ページを検索で見つけても、そこから他のページに興味を持っても遡ったりが分かりにくく残念に感じることも多いので、旅先別のエントリ一覧を目次兼ねて作ってみることにしました。
お役に立てれば幸いです。




Istanbul & Edirne 2012-13

Colorful turkish lamps, Istanbul, Turkey イスタンブール、カラフルなトルコのランプA cat in the Blue Mosque, Istanbul, Turkey イスタンブール、ブルーモスクのネコ





Uyghur 2013 Spring

An old Kazakh man on the horseback, Barkol バルクル、馬に乗ったカザフの老人My daypack on the Kumtag Desert クムタグ砂漠とデイパック






Iran 2013-14

Sheikh Lotfollah mosque and red prayer carpets, Isfahan イスファハン、マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーと礼拝用絨毯A man with a turban in Imam square, Isfahan, Iran イスファハン、イマーム広場のターバン男性






Russia 2014

Lovely girl in Suzdal, Russia スズダリの美少女ちゃんRainbow above Saint Basil's Cathedral, Moscow, Russia モスクワ、聖ワシリー寺院と虹






Laos & Vietnam 2014-15

Buddhist monks collecting alms at dawn, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、早朝の托鉢"Tree of life" mosaic work in Wat Xieng Thong, Luang Prabang, laos ルアンパバーン、ワット・シェントーンの『生命の樹』






Rajasthan, India 2015-16

Jaisalmer Fort before sunset, Jaisalmer, India 日没前の光を浴びたジャイサルメール・フォートA woman sitting in flont of a blue house, Jodhpur, India ジョードプル 青い家の前で腰掛けた女性
















 

Tag: 旅行 写真 イラン トルコ ウイグル ラオス ロシア ベトナム 旅行記 目次

3. ジャイプール アノーキー美術館と階段井戸
Tue.16.08.2016 Posted in Rajasthan, India 2015-16
アンベール城を出て駐車場でドライバー氏と落ち合い、次なる目的地『アノーキー美術館(アノーキ美術館)』へ向かった。
アノーキー美術館とは、アノーキーというラジャスタン地方の伝統的なブロックプリント布の服やファブリック類を製造販売している会社が作っている博物館(→websiteはこちら
確かオーナーさんがイギリス人だったかで、伝統的な手法を用いながらセンスの良いオシャレなエスニック衣料と雑貨を生み出して外国人にも人気がある。
商品のお値段はインドの物価を考えると高めなんだけど、とっても柔らかい布の質やしっかり丁寧な縫製で、ある意味日本や欧米のファストファッション系の服屋で売っているような服とは一線を画していると私個人的に評価している。
そんなアノーキーの美術館がアンベール城からほど近い場所にあると調べていたので、アンベール城のついでに是非訪れてみたかったのだった。




伝統的なブロックプリントの展示

Traditional block printed textiles displayed in Anokhi Museum of Hand Printing, Jaipur ジャイプール、アノーキ美術館のブロックプリント布地
美術館の外観を撮るのをすっかり忘れてしまってて(建物もラジャスタン伝統の建築様式だった)、いきなり内部の写真から。
版木を使って小紋柄を並べた生地。
インドだからもっとカラフルかと思いきや意外と地味な色合いやね。





美しい版木

Beautiful carved block for printing displayed in Anokhi Museum of Hand Printing, Jaipur ジャイプール、アノーキ美術館のブロックプリント用版木
布地が並べてあったりマネキンに衣装を着せてある部屋をいくつか見た後に出てきた場所では版木の実演コーナーが。
数名の欧米人客に職人さんが説明しているのに混ぜていただいて私も見学させてもらった。
職人さんの周りに飾ってあったザクロ唐草文様の版木の美しさにうっとり〜。





版木のディスプレイ

Traditional block print displayed in Anokhi Museum of Hand Printing, Jaipur ジャイプール、アノーキ美術館のブロックプリント用版木
説明する職人さんの周りにある緻密な版木やそれを紙に写したペイズリー模様の版画がどれも素敵!
版木自体も勿論手掘りだしそれだけ見てもまるで芸術作品のよう。





実演中

Block carving demonstrations for visitors at Anokhi Museum of Hand Printing, Jaipur ジャイプール、アノーキ美術館でブロックプリント用版木作りの実演
客に実演してくれる版木作りは周りに飾ってあるような凝ったのではなく基本的な単純なパターンのものだったが、
簡単に円と線を下書きしてそこにお花を素早くチャッチャと彫っていくのは「さすが職人さん!」て感じで格好良かった。
ちなみに実演のおじさん、見学客で一番のべっぴんさんにお花の版木一つプレゼントしてた。
私も?当たり前やん!…当然いただけ無かったですヨヨヨ〜(T_T)





版を押す実演

Block print demonstrations at Anokhi Museum of Hand Printing, Jaipur ジャイプール、アノーキ美術館のブロックプリント実演
また別の場所では、版木を布にプリントする実演を行っていた。
私はしなかったけど他の客の方が教えてもらいながら版を押していました。
超絶不器用な私がやったら歪みまくって失敗が目に見えてるな。。。





別の職人さんも

Block print demonstrations at Anokhi Museum of Hand Printing, Jaipur ジャイプール、アノーキ美術館のブロックプリント実演
少し離れて別の職人さんもプリントの実演中。
こちらは赤・オレンジ・緑の三色刷りのようだ。
写真撮ってたら「君もやってみなさい」と言われて絶対失敗するから無理〜!て断ってたけど、版を押す位置までちゃんと指定してくれて実際には指定された場所でむぎゅっと押さえるだけの超簡単方法で実演させてくれたから私でもなんとか出来た!





完成品

Block printed small cloth for demonstration, Anokhi Museum of Hand Printing, Jaipur ジャイプール、アノーキ美術館の実演で作ってくれた小さな布
これがその完成品!…と言っても90%職人さんで1箇所だけ私が押したんやけど。
軽くアイロンで乾かせたこの小さな布を「持って帰りな」と記念品にいただけました!嬉しいー🎵
すごく素朴なお花模様で可愛いけど布は切れっぱなしだしハンカチにするにも小さすぎるから、私はこれを旅の間手首に巻き付けてた!
手首を見るたびに素朴な柄とともに優しい笑顔の職人のおっちゃんを思い出してニコニコだった。





爆睡中…

The driver is in a deep sleep, Jaipur, India ジャイプール、爆睡中の運転手氏
売店にはブロックプリントのストールや服など売っていたけど予想してたより品数も少なく、残念ながら私がピンとくるものに出会えなくて何も買わずに美術館を後にした。
外ではドライバー氏爆睡中やん(笑)
あまりにもグーグー寝てるので路地巡りのチャンスとばかりに美術館の近くを少し散策するとしよう。





行水中?

A boy bathing outdoor, Jaipur, India ジャイプール、外の池でシャンプー中の少年
美術館のすぐ隣では、中学生くらいの男の子が屋外の水場でシャンプー中。
カメラを向けたら愛想よく笑顔を向けてくれた。泡で鼻が真っ白になってる姿が無垢な感じがしてツボ!





女性たち

Women in Jaipur, India ジャイプール、家の前で髪を梳かしてもらっていた少女
別の家では外に女性陣集まってくつろぎ中?キティちゃんの服着た女の子は洗った髪をママに梳かしてもらっていたようだ。
何気なく撮らせてもらったしママさんもニッコリしてくれてたけど、後でよく見たらしっかり者ふうなおばあちゃんが「マネー」って感じに手を出していた…。
インドだしそのくらいでビックリはしないけどね。





遠くにジャイガル要塞

Wall of Jaigarh Fort on the mountain, Jaipur, India ジャイプール、山の上に見えるジャイガル要塞
ドライバー氏を起こして「次はStep well(階段井戸)に行って」と言うと「ここからすぐだから歩いていって」と言われ、方角だけ教えてもらって一人で行くことに。
その途中の景色。オレンジ色の花が咲く大きな木とその向こうにはジャイガル要塞へ続く城壁が見えた。





階段井戸

Step well near Amber Fort, Jaipur, India ジャイプール、アンベール城近くの小規模な階段井戸
実際、目的の『階段井戸』はすぐ近くだった。
ジャイプール郊外にもっと大規模で有名な階段井戸があるのだが、時間の都合でここの小規模井戸で我慢。
歴史あるものだと思うんだけどなにか現代建築的なシュールさがあって面白い。





モノクロで

Mysterious step well near Amber Fort, Jaipur, India ジャイプール、アンベール城近くの神秘的な階段井戸
モノクロ加工にすると更にミステリアスな雰囲気が出ていいね〜。
階段を降りようとしたら警備員に止められてしまって残念。
ぐるっと周囲を回りながら良い角度を探してパチリするだけしか出来なかった。





そんな感じでアンベール城・アノーキー美術館・階段井戸を見学終了して次は再び街の中心部へ。
昔に写真やテレビで見て憧れた、通称"ピンクシティ"ジャイプールの象徴である『風の宮殿」をついに訪れるのかと思うとワクワクが止まらない!







Tag: 旅行 写真 インド ラジャスタン ジャイプール アノーキ美術館 階段井戸

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。