2015年03月 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルーインパルスin姫路!
Mon.30.03.2015 Posted in Japan
ロシア旅行記の途中ですが、ちょっと今日は別のものを。

平成27年3月27日『平成の大修理』を終えての姫路城一般見学再開の前日(3月26日)、ブルーインパルスが大天守保存修理完成記念式典に合わせて祝賀飛行を行いました。
何ヶ月も前から「これは是非見たい!!」と思っていたのですが当日は仕事。残念!
…と思っていたら、式典の前日(3月25日)に予行演習を行うというニュースを聞き、その日は運良く仕事休み。やった〜♪

あいにく雲が多い日でしたが、1時間前から姫路城三の丸広場で場所取りして寒い寒いと言いながらその時を待ちました。
そして予定通りの午前11:30、ブルーインパルスが姫路城の上空に現れました!!
「わわわ、きたきたきたーーーー!かっちょええ!」とか言ってる間にあっちゅうまに通り過ぎてしまってなかなか上手く撮れませんでしたが、その時の写真をいくつか並べます。

世界遺産・国宝姫路城の上空を舞うブルーインパルスなんてめちゃめちゃレアな組み合わせ。
しかも、予行ということで、予備の技もやったから本番よりも技の数が多かったらしいです。
雲が多いのだけが惜しいですが、どうぞご覧ください。
ちなみに26日の本番の日は超快晴でした。本番も見に行きたかったなぁ!





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performance ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
始まる前に1機だけ飛んできてビックリ。天候のチェックだとかアナウンスがありました。
アナウンスの喋り方(自衛隊の人らしい)がビミョーなDJ風だったのがちょっと面白かった。





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performed above Himeji Castle, Japan ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
始まりますとアナウンスはあったけど、すごいスピードでやって来たので大慌て!なんとか撮れた…。
一発目の技は『サンライズ』。





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performed above Himeji Castle, Japan ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
雲が多くてどうなるかと思ってましたが、お城の背後に雲はあるものの太陽の光が差してくれたおかげでお城が暗くならずに撮れました。
技は『デルタ360°ターン』。
三の丸広場からだと明日の式典用のテントやステージが邪魔やー。





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performed above Himeji Castle, Japan ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
白鳥の形を模した『スワンローパス』。
あわわわ!来た来た!!とか言ってるうちにあっという間に通り過ぎてしまいます。





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performance ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
桜の花を煙で描いてるんだけど近すぎて全体像が全く写せず。





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performance ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
こちらもハートを描いてるんだけど(以下同文)





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performed above Himeji Castle, Japan ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
西の丸上空を飛ぶブルーインパルス。
こちらは本番では多分やらなかった(?)『ワイドローパス 』だそうです。





Blue Impulse (Japanese aerobatic demonstration team) performance ブルーインパルス展示飛行予行演習in姫路 2015.3.25
整然と並んで飛行する姿!
これも予備で行った演技(?)『リーダーズベネフィットローパス』だそうです。
肉眼で見るよりも、瞬間を切り取った写真で見ると改めてもの凄いことしてるんだなぁと分かってパソコンの画面見ながら背中ゾクゾクしてしまいました。






大型ビデオカメラを構える自衛隊の広報さん
おまけ その1。
自衛隊の広報さん。報道陣の人たちの中で異彩を放ってました。





Lily magnolia with Himeji castle 姫路城西の丸とモクレン
おまけ その2。
船場川から見た西の丸。桜はまだだったけど木蓮が満開でした。
あと1週間もしたら桜も満開を迎え、お城の周りは花見客の方々であふれることでしょう。





Memorial patches of Blue Impulse  (Japanese aerobatic demonstration team) ブルーインパルス記念ワッペンとストラップ
おまけ その3。
ブルーインパルス記念ワッペンいろいろ。
ミーハーなもんで、ついたくさん買ってしまいました。
1999年のヴィンテージな公式ツアーパッチはオッシャレ〜なので早速デニムジャケットの腕に縫い付けました。
東北支援のは旅行用デイパックにでも付けるつもり。
姫路城のはレアだけど服につけるにはちょっと…(^_^;)
保存用か、はたまたオークション行きか!?

とにかく、最高に良い思い出ができました。






スポンサーサイト

Tag: 旅行 写真 姫路 姫路城 ブルーインパルス 展示飛行 himeji castle 世界遺産

14. サンクトペテルブルク 赤いネヴァ川
Sun.22.03.2015 Posted in Russia 2014
サンクトペテルブルク滞在初日の続きです。
夕方、怪我の功名(?)で思いがけず忘れられない光景に出会えることに…。




似顔絵描きさん

A portrait painter in Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、似顔絵描きの女性
『血の上の救世主教会』を出た。
正面に戻って教会の前にある公園へ入ってみよう。
教会の周りには観光地らしくお土産物やアイスや軽食などの屋台が並んでいる。
公園入口辺りに1人の女性似顔絵描きさんがいた。
似顔絵もとても上手だけど、それよりもこの女性のオシャレないでたちがとってもステキだった。





公園にて

Newly‐married couple walking in the park, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会隣の公園で歩く新婚さん
公園の中に入ると、さきほど教会に入る前に見た新婚さんとはまた別の新婚さんがそぞろ歩いていた。
後ろ姿だけでも幸せオーラ出まくってるなぁ。





公園から見た血の上の救世主教会

Church of the Savior on Blood seen from the park, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、公園から見た血の上の救世主教会
公園は広そうだったけど足も相変わらず痛いのであまり奥までは行かず。
戻る時、ちょうど門の手前で木の間から太陽の光が差し込んでいた。
よっしゃ!ここで因智喜旅遊お決まりのキラリン☆ショットや〜!





運河と教会

Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会外観
もう一度教会の裏に回った。夕方だと裏からの方が逆光にならずきれいに撮れる。
運河が教会のすぐ横を流れ、観光用クルーズボートが次々に通り過ぎる。
私も最後の日には天気が良ければクルーズしてみたいと思っている。





ここはどこ!?

Central asian style mosque in Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルクのウズベキスタン風モスクのドーム
実は…急遽ウズベキスタンへ飛んできてしまいました!!
な〜んて言ってもおかしくないようなサマルカンド・ブルーのタイル屋根♥
ここはサンクトペテルブルクで是非訪れてみたいと思っていた場所の1つ、血の上の救世主教会から少し北上してネヴァ川を『ペトログラード側』という地区に渡ってすぐのところにあるモスクだ。
ちょうどいい具合に雲も少なく、シルクロード気分が味わえた。
と言っても周囲は普通にヨーロッパの町並みだしホントにピンポイントでここだけがシルクロード(笑)
しかも残念ながら改修工事中で中には入ることは出来なかった。





モスク入口

Central asian style mosque in Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルクの中央アジア風モスク
モスク入口上部のアーチ門(イーワーン)。
がっつりタイル装飾が施されているのはさっきのドームとこのイーワーンのみで、周囲の壁は装飾なしだった。
せっかく痛い足引きずってきたのに中に入れないし、モスクの周囲にはウズベク料理店とかハラール食材店などあったりすぐのではと淡い期待をしていたのだがそんなのもありそうになく、仕方なくモスク前の公園で休憩。
もっと頑張って探せばウズベク料理店はあったのかもしれないけど体力気力が続かなかった…。





バーガーキング

Burger King in Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルクのバーガーキング
再び橋を渡って街の中心部へ戻ろうかと思ったが、橋のふもとに眺めの良いレストランがあり、そこからは『うさぎ島』のペトロパブロフスク要塞がエエ感じで見られるし、ここで晩ご飯食べるのもいいかも。
しかし眺めのいいテラス席は埋まっていて、それにどうも1人で入るような雰囲気ではない感じ。
ってなわけでそこは諦めて隣のバーガーキングで晩ご飯。
ウズベク料理食いたかったわーー。





夕日スポット発見

The sun beginning to fall, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ペトロパブロフスク聖堂に沈みかけた夕日
晩ご飯も食べ終わり、そろそろ引き返すか〜とボチボチゆっくり橋を渡った。
地図をパッと見ただけでは分からないが、実際に歩いてみるとめっちゃ遠い!
そして地図の縮尺をよく見てみると橋だけで500m以上あった。
縮尺が普通の感覚と違うってモスクワで学習したはずなのについつい地図見て「近そう」て思っちゃうんだよねぇ。
さっきまでバーガーキングで休憩してたのにもう足がヤバイ。
渡りきった所の近くに腰掛けられるような場所があるのを発見し、そこで足を休ませようと行ってみると…
あら?めっちゃええ場所やん。
ペトロパブロフスク聖堂の向こうに夕日が沈むのがバッチリ見える場所なのに私以外に誰もいない。
もしかして、またもや超贅沢ひとり占め状態ができてしまうのか?





ポーズを取る新婦さん

Beautiful brides taking poses to a camera, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、記念写真を取る花嫁たち
誰もいない絶景スポットで沈みゆく夕日を眺めていた。
しかし空が赤くなってきた頃には、気が付くと10人くらいの人が同じように夕焼けを眺めにやってきていた。
またまた記念写真の新婚さんも。本日3組目。





日の入り

Amazing sunset view from the Neva River, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ネヴァ川で見た燃えるような夕焼け
22時前、いよいよ日の入り。絶妙な場所でキラリン☆来た!





赤いネヴァ川

Amazing sunset view from the Neva River, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ネヴァ川で見た燃えるような夕焼け
完全に日が落ちた。
日が沈んでしまったら「さぁ帰ろう」と去ってしまってはいけない。
本当に赤くなるのは日が落ちた後からが本番なのだから。
(そんなの誰でも知ってるかと思ってたけど意外と知らない人もいるようなので)
上の写真から約5分後、空もネヴァ川も赤く染まった。
ぐわ〜〜〜っ!!言葉にならない。。。





トロイツキ―橋

Sunset view from the Neva River, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ネヴァ川で見た燃えるような夕焼け
右手には、先ほど痛い足引きずってきたトロイツキ―橋。
橋の鉄のアーチが夕焼けを反射している。
橋を歩いていてこの絶景スポットを見つけられたのはめっちゃラッキーだったなぁ。
もしも足が痛くなかったら気づかずにさっさと通り過ぎてしまっていたかもしれないと思うと、本当に旅って何が起こるか分からないもんだ。





変わっていく色

Amazing sunset view from the Neva River, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ネヴァ川で見た燃えるような夕焼け
刻々と変わっていく空の色。
夕焼けに夜空の色が加わってきて、黄色から紫までのグラデーションに。
ペトロパブロフスク聖堂の独特な細長い尖塔が最高のアクセントになってくれていた。
空ももちろん素晴らしく印象的だったけど、私にとってこの真っ赤なネヴァ川が更に強烈だった。





そろそろ終了

Amazing sunset view from the Neva River, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ネヴァ川で見た燃えるような夕焼け
怪我の功名で偶然見られた『夕焼けショー』もそろそろ閉幕。
この場にいた人たちも皆感激してシャッター切りまくっていた。
旅行者らしき1人の男性とほんの一言だけ言葉を交わした。
「Amazing!!」と。
この時間を共有した私達には、それ以外の言葉は必要なかった。





まだ終わっていなかった

Peter and Paul Fortress after dark, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、日没後のペトロパヴロフスク要塞
赤く染まっていたネヴァ川も黒くなり、さて、ええもん見たしそろそろ帰るか〜とその場を離れて川沿いに歩きだした頃、今度はペトロパブロフスク聖堂のライトアップが始まった。
おお!ショーはまだ終わっていなかったのか。
まだうっすら余韻の残った空を背景に、ライトアップされた教会を撮って夕焼けショーは終了した。







Illumiated walls of a building, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ライトアップされた窓
ネヴァ川沿いの建築群もライトアップされていた。
バロック様式の窓の陰影がライトアップで強調されていて、オサレやなぁ〜。
前日にスズダリで見ていた素朴な木造建築の窓とのギャップがすごいけど。





アーチ窓

An arched window in Old city, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ライトアップされた旧市街のアーチ窓
こちらは重厚な壁とアーチ窓。
窓の上部のメダリオンには、双頭の鷲の紋章と大天使ミカエルが。
カッコいい窓だったから適当に撮っただけだったけど、調べてみたら双頭の鷲はロマノフ家の紋章・大天使ミカエルは同じくロマノフ家の守護天使だそうで、もしかしたらこの建物はかつてのロシア皇帝に関係ある建物だったのかも。





夜11時

At last night coming to Saint Petersburg at 11 PM, Russia サンクトペテルブルク、夜11時頃やっと夜が来た
夕焼けショー終了から約1時間経った23時ごろ、まだ西の空は少しピンク色が残っていた。
川辺に座ってゆったりと自分の時間を過ごしている人たちも。





エルミタージュ美術館


Illuminated Hermitage Museum reflecting to the pond at night, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ライトアップしたエルミタージュ美術館
なんだかんだとゆっくり川沿いを散策していたらエルミタージュ美術館まで辿り着いた。
これは正面ではなく建物の横側だが、池に建物が映ってキレイだった。





かつての栄華と今の自由と
Hermitage Museum at night, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、ライトアップしたエルミタージュ美術館
正面に回ると観光馬車が停まっていて、絵になるシーンをパチリ!
正面はだだっ広い広場になっていて、若者たちが音楽鳴らしてスケボーしたりしててすごく自由な雰囲気。
繁栄を極めた王朝時代の象徴である宮殿の前で、社会主義革命時代の厳しさを経た後の民主化と経済成長による自由を満喫する若者たちの姿を見ると、ロシアという国のパワーを感じさせられずにいられなかった。
今(2015年3月現在)、ウクライナ問題等からの経済制裁やルーブル暴落などで今後この国がどうなっていくのか素人の私には全く読めないけれど、ソ連時代の厳しさを乗り越えてきたロシア人だから、きっとこれからも逞しく難局を切り抜けていくことだろう。
(それが平和的手段であることを望む!)

てなわけで、滞在初日はここエルミタージュが終点。
明日は朝から再びここを訪れて、美術館見学がメインの1日になるはず。
個人的には、エルミタージュを見れば、いわゆる『世界3大美術館』制覇となることもあっても楽しみ。
特に大好きなイタリア・ルネサンスとレンブラントのコレクションが!
足痛がちょっとでも良くなってるといいんだがね…。



Tag: 旅行 写真 ロシア サンクトペテルブルク 血の上の救世主教会 ロシア正教 世界遺産 モスク ペトロパブロフスク要塞 夕焼け

13. サンクトペテルブルク 血の上の救世主教会
Sat.07.03.2015 Posted in Russia 2014
ホテルの部屋で休憩した後、本格的にサンクトペテルブルク観光開始。




晴れてきた!

Roses in the garden of Kazan Cathedral, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、カザン聖堂の庭園に咲くバラ
ホテルを出ると、青空が顔を出していた。
宿すぐ近くのカザン聖堂も、さっきのどんより空の下で見た時と全然印象が違って見える。
オールドローズっぽい可憐なピンクのバラとともに、ベタな絵はがき風な1枚を。





恋人たちの鍵

Padlocks near Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会近くの恋人たちの鍵
チェックイン前に外観だけを見ていた『血の上の救世主教会』へもう一度。
途中の運河沿いの道に、カラフルな錠前がいくつかかかっているところがあった。
この手のやつってどこでもあるんやなぁ。





血の上の救世主教会外観

Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会
やっぱり青空だと全然違う〜!
ファサードのキリストのモザイク画が輝いている。
イガイガ玉ネギも明るい空で見ると立体感が際立って見える。





アップで

Details of Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の玉ネギ屋根
外観をアップで。よく見ると細かい部分までびっしり装飾されてるのが分かる。
金ピカ玉ネギの後ろに天使ちゃんモザイクを見つけた。





幸せいっぱい

Newly‐married couple walking along Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の横を歩く新婚さん
教会の横を、ウェディングドレスとタキシード姿の新婚カップルが通りがかった。
颯爽と歩く新郎さんの幸せいっぱいな笑顔がステキ!





聖堂の中へ

Dome ceiling of Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会のドーム天井
教会内部への入口は裏側にある。
旅行前に他の方々の旅行記を参考のため見ていた時、この教会の事ではないのだが「入場締め切り時間ギリギリ前に入ったらその後人が増えなくて良かった」的な文章を見つけなるほどと思っていたので、私も真似させていただこうと思っていた。
入口に書いてある入場時間を確認し、締め切りちょっと前にチケット購入して中へ。
おおおっ!!これはまたスゴイやないの!
内部の壁は全面モザイク画で埋めつくされている。
そしてそして…天使ちゃんたちが数えきれないくらいにうじゃうじゃと!





天使まみれ

Angels in Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の天使たち
壁にも天井にも、まさに天使まみれな空間。
天使フェチには幸せすぎるーーー!
教会が完成したのが1907年だそうで、モザイクの画風はビザンチン風な伝統的イコンのスタイルと近代絵画スタイルがミックスされた感じ。





大天使ガブリエル

Archangel Gabriel in Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の大天使ガブリエル
『受胎告知』のモザイク画もあった。
この優美な大天使ガブリエルの姿はロシアのイコンスタイルではなくイタリア・ルネサンス風に描かれていた。
大変美しいことは間違いないのだが、個人的にはせっかくロシアなんだからロシアンスタイルなガブリエルが見たかったかな。





天井のアーチとドーム

Arched mosaic ceiling and dome in Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の天井アーチとドーム
身廊の真ん中辺りから前方を見上げた天井。
これも全て、フレスコ画ではなくて細かい石や色ガラスを貼って描いたモザイク画だ。
気が遠くなりそう…。





身廊後方の装飾

Interior decoration of Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の内部装飾
画風は西欧風ではあるが、柱などを四角く区切って聖人たちが立った姿をずらりと並べるのはロシア正教はじめ東方正教会の典型的な装飾法だ。
それらの間に散りばめられた唐草やお花のモザイクが、重厚・厳格になりすぎないようやわらげているようだ。
wikipediaによれば、「教会は無数のトパーズ、青金石(ラピスラズリの原料)および他の半貴石で飾られていて」という記述があるので、聖人や天使の背後のブルーはみな青金石なのだろうか?凄すぎ。
下の方からてっぺんまで手を抜いているような部分はなく、写真を撮るのにどこをどう切り取ったらいいのか分からなくなる!
もうちょっと広角で撮れるレンズが欲しかった〜。





夜空に輝く星々

Lamp and window in Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会のランプと窓
ランプに照らされキラキラと星が輝く、ロシアの夜空のようだったモザイク。





大天使ラファエル

Archangel Raphael in Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の大天使ラファエル
キリッとしたカッコいい大天使ラファエル。
右上に見える、ふわりと天に浮いている紫色の翼を持った天使も幻想的な美しさだ。







Angels in Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の天使たち
窓辺にも天使たちと花々。





輝く天使

Sun light brighten angels, Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会、天使を輝かせる窓の光
窓からの光が天使たちを輝かせていた。
時刻は6時頃だが、ロシアの夏は日が高いのでまだまだ午後の光だ。





人々が去って…

Interior decoration of Church of the Savior on Blood, Saint Petersburg, Russia サンクトペテルブルク、血の上の救世主教会の内部装飾
入場は5時までとなっていたから5時ギリギリ前に入ったのに、それからも続々と団体さんが入ってきて、上方ばかり撮っていたから写真には写っていないが実は教会内は満杯状態だった。
なんやねん、話が違うがなっ!
多分団体は特別扱いなのだろう。
正面奥のイコノスタシスや床の象嵌模様も撮りたいのに絶えず人が歩いていてずっと撮れずにいた。
しかし私は別に次の予定が押しているわけでもなく、気長にじっくり見学しながら待てるから大丈夫。
そこんとこは自由な一人旅の特権やね。

入場して1時間経ちようやく団体さんが去っていき、待っていた時がついにやってきた。
誰もいなくなった内陣を独り占めするこの時が!!
後ろの方にはまだ何人かいたからか幸い係員から「早く出てけ」とも言われず、しばし超贅沢な内陣独占状態を味わうことができた。
早く閉めたいから閉館前でも追い出されてしまう博物館などもあるのでちょっとした賭けでもあったのだが、ギリギリ入場作戦成功!ってことで心のなかでニンマリしながら教会を後にした。



Tag: 旅行 写真 ロシア サンクトペテルブルク 血の上の救世主教会 ロシア正教 世界遺産 モザイク 天使

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。