2014年12月 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良いお年を!
Wed.24.12.2014 Posted in ひとりごと&業務連絡
Merry Christmas & Happy New Year!

年賀状2015-2-2


夏のロシア旅行記がまだ4分の1くらいしか出来ていませんが、2014年もあとわずかになってしまいました。

私は今年もまた、年末年始に海外逃亡してまいります。
今回は近場ですけどね。食い倒れ旅の予定です。

旅立つ方も家でゴロゴロされる方もお仕事な方も、皆様良いお年をお迎えくださいませ!
来年もinchiki tourをよろしくお願い申し上げます。


みぽ

スポンサーサイト
8. スズダリ町歩き
Sat.20.12.2014 Posted in Russia 2014
スズダリ(スーズダリ)観光の続き。
木造建築博物館から出て、次の目的地『ポクロフスキー修道院』を目指して歩き始めたが…。




ずんぐりお馬さん

A carriage horse under the blue sky, Suzdal, Russia スズダリ、青空の下で休憩中の馬車馬さん
木造建築博物館を出ると、1台の馬車が停まっていた。
スズダリでは観光馬車が走っているので客待ちをしているようだ。
高そうだし一人で乗るのも寂しいからスルー…だけど、ずんぐりしたお馬さんが可愛くてパチリ。
目が隠れてしまったのが残念。





民家エリアを歩く

A local house in Suzdal, Russia スズダリの民家
次は、お花が咲き乱れているという『ポクロフスキー修道院』という名の女子修道院に行くつもりだが、初めにバスで着いた広場まで戻ってメインストリートを歩くより、民家が集まる集落エリアを通って行こうと思って歩き始めた。
本来昨日泊まるはずだったメルヘンチックな民宿もこの民家エリアにあるので、表から写真だけでも撮って旅行記のネタにしようという目論見(笑)もありつつ。
スズダリは可愛らしい民家でも有名なので、それぞれに個性がある民家たちを眺めながらぶらぶら。





カーメンカ川と青玉ネギ教会

Cathedral of the Nativity view from the opposite side of the Kamenka river, Suzdal スズダリ、カーメンカ川対岸から見たラジヂェストヴェンスキー聖堂
カーメンカ川の向こうに、最初に訪れたクレムリンのラジヂェストヴェンスキー聖堂が見える。
何度見てもおとぎ話の国のようでたまらない。





郵便受け

Retro letter box in a local street, Suzdal, Russia スズダリ、村の味のある郵便受け
ちょっと路地に入ってみよう。
錆びまくった郵便受けが味出てるわ〜!
ロシアの郵便受けって、家1軒ずつあるんじゃなくてマンションでもないのにこんな風に数軒分(隣保っていうのかな?)まとまってるのかぁ。
配達員さんはその分楽かもしれないな。
そしてどこでもお花がいっぱい。やっぱりメルヘン♥





路地を走る少女

Village street scenery in Suzdal, Russia スズダリ、集落の路地にて
更に路地を奥まで歩いているとどうやら行き止まりっぽい。
1軒の家の前におばあちゃんと女の子がいたので挨拶して写真を撮らせていただこうとしたが恥ずかしがって断られてしまった。
これがウイグルとかだと「まぁまぁ、お茶でも飲んでおいき」と家に案内されてチャイをいただきつつ…となるところだが、ヨーロッパではそんな展開はまずほぼ望めない。
行き止まりだし仕方なくUターンすると、正面に教会、その奥に再びラジヂェストヴェンスキー聖堂の姿が!
これまた絵になるやんとカメラ構えてたら、さっき写真断った少女が元気に駆け抜けていった。
顔写真はダメだったけど、いい具合に後ろ姿のモデルになってもらえた。





丘の上の教会

Church of the Prophet Elijah stands on the low hill, Suzdal, Russia スズダリ、丘の上のイリイーンスカヤ教会
先ほど路地から見えていた教会へ行ってみた。
残念ながら入口は閉ざされていて入れず、しかも周りを1周してると蜂がたくさん寄ってきて怖かった。
そしてまた民家エリアに戻ろうとしたが、裏手に広がる雑草地に細い道が付いているのに気が付き、なんだかそっちの方に心が動いたのでルート変更して雑草地へ。
少し歩いて振り返るとこの景色。ビンゴや!





雑草の小径から

Cathedral of the Nativity view from weedy path, Suzdal スズダリ、雑草の小径から見たラジヂェストヴェンスキー聖堂
アザミのような花が咲く雑草地の小径からもラジヂェストヴェンスキー聖堂が見えた。





羊ちゃん

A sheep posing to my camera, Suzdal, Russia スズダリ、カメラの前でポーズを取る羊ちゃん
歩いているとどんどん背の高い雑草が増えてきて、これちゃんと道が続いてるんやろかと不安になりつつも草をかき分け進んでいくと、周囲が開けた辺りに数頭の羊たちが放牧されている場所に出た。
上手いことさっきの教会をバックに立ってくれた羊ちゃんありがとう!





民家の窓

Typically decorated wooden window frames in a local house, Suzdal, Russia スズダリ、民家の木の窓枠装飾
雑草地を渡りきると、さっきとは別の集落があった。
これがスズダリ名物の窓枠装飾!
この家はアーチ部分の端っこが鳥の形になってたりして凝っていた。
褪せたブルーの壁もステキ。





牧歌的な木の小橋

Pastoral wooden bridge in Suzdal, Russia スズダリ、牧歌的な木の小橋
民家エリアを歩いていたがここはどこ状態になってしまい、道端にいた男性に道を尋ねたが案の定言葉は通じず、でもなんか指さしてた方向へ歩いていると木造の小橋発見。
奥に教会の鐘楼が見えてたりして、ほんまにやたらと何もが絵になるなぁスズダリは。





花咲く庭

Typically decorated wooden window frames in a local house, Suzdal, Russia スズダリ、民家の木の窓枠装飾
橋を渡って更に歩くと、庭にお花がいっぱい咲いたかわいい民家が。
パステルグリーンの壁と白い窓枠装飾に、鮮やかな花々が映える。





花売りのおばあちゃん

A woman selling flowers in outdoor market, Suzdal, Russia スズダリ、青空市場で花を売るおばあちゃん
実は、昨夜モスクワの赤の広場周辺を歩き回った時から足が痛くなっていた。
今日もスズダリに着いてからけっこう歩いていて、足の痛さはどんどん増して、この頃にはもうかなりキツくなってきていた。
景色は素晴らしくて心もワクワクしているのだが、足取りは重くなる一方。
そんな状態でヒーヒーいいながら民家を抜けて坂道を上がると…
なんと、最初にバスで着いたタルゴーヴァヤ広場に戻ってきてしまっていた(-_-;)
トホホ。。。これだから超絶方向音痴は困る。
落胆したけどせっかくだから広場の青空市を少し見てみることに。
客より売る人の方が多い、活気のない(良く言えばまったりした)青空市。
売り子はおばさんやおばあさんが多く、皆写真撮られるのを嫌がるのでさみしい。
仕方ないから遠目にコッソリ撮らせていただいた。





ツルコケモモ

Berries selling shop in outdoor market, Suzdal, Russia スズダリ、青空市場のベリー屋さん
ちっちゃくて可愛らしいベリー系の果物を売るお店。
多分これはツルコケモモだ。ロシアでは人気のあるフルーツらしい。
バケツやデーブルクロスがレトロでロシアらしいなぁ。





これは何?

Outdoor market in Suzdal, Russia スズダリの青空市場
これは何かな?百合根!?
横のサツマイモのようなのはおそらくビート(ビーツ)だろう。ロシアではボルシチで使われることで有名やね。





郵便ポスト

Lovely Russian post in Suzdal, Russia スズダリ、ロシアの郵便ポスト
活気のない青空市を見終わって、結局はメインストリートを通って町の北の方にある教会群を目指すことになった。
メインストリート『レーニン通り(レリーナ通り)』を歩いていて見つけた郵便ポスト。
ロシアの郵便ポストは鮮やかなブルーなのか。キリル文字のロゴデザインも素敵。
国によって郵便ポストが緑だったり黄色だったり、形もさまざまで、見比べるのが地味〜に楽しみの1つだったりする。





ラザルス教会

Saint Antipius and Saint Lazarus churches, Suzdal, Russia スズダリ、ラザルス教会
レーニン通り沿いにあるラザルス教会。
カラフルボーダー柄にペイントされたキッチュな塔のてっぺんに木が生えていて、羽根飾りの付いたとんがり帽子を被っているみたい。





リザパラジェーンスキー修道院

Gate of Monastery of the Deposition (Rizopolozhenskiy) , Suzdal, Russia スズダリ、リザパラジェーンスキー修道院の「聖なる門」
ラザルス教会から更に北上し、『リザパラジェーンスキー修道院』に到着。
この双子のとんがり屋根が付いた門は『聖なる門』と呼ばれているらしい。
修道院の敷地に入って歩いていると、ベンチに座ってお喋りしてるおばさん達がいて、うちの1人が私に向かって「カッサ!」と大きな声で言った。
カッサとはチケット売り場の事なのは分かるのだがどこにカッサがあるのか分からなかったからゼスチャーで「カッサどこ?」と聞くと、何故か更に大きな声で何やら喚かれてしまった。
何やねん!ワケわからんしもうエエわ!!とこっちも腹が立って見学やめてとっとと外に出た。
前回ロシア来た時にも、明らかに言葉通じないアジア系外国人(私)に向かって怒鳴り散らす地下鉄の料金所のおばさんがいた事を思い出した。
十何年経ってもそういうとこはやはり相変わらずなのね…。





足の痛みは酷いもののここまでエエ感じにきてたのに、怒鳴りおばさんのせいでちょっと印象ダウン。
相変わらずなロシアの一面を体験したと考えて、気を取り直して次に進もう。




Tag: 旅行 写真 ロシア スズダリ スーズダリ 教会 民家 建築 市場

7. スズダリ 木造建築博物館
Thu.11.12.2014 Posted in Russia 2014
スズダリ(スーズダリ)観光の続き。
早朝のサプサン号でスズダリに着いてまず最初に訪れた青玉ネギ教会(ラジヂェストヴェンスキー聖堂)があるクレムリンから出て、小川を渡った向こうにある『木造建築博物館』へと移動。




カーメンカ川に架かる小橋

Wooden bridge in Suzdal, Russia スズダリ、カーメンカ川にかかる木造の橋
クレムリン裏手から出て少し歩くとこのような素朴の木造の橋があり、対岸にある木造建築博物館まで行ける。
他の方々の旅行記を出発前に見ていて「ここエエなぁ〜」て思ってた橋を渡れて嬉しさに思わずニヤニヤ!
クレムリンからの道端で、歌をうたうおじさんがいた。
日陰のない炎天下で歌うのしんどいだろうな…チップ渡してる人全然いなかったし。





かわいい窓とおじさん

A man and a traditional style local house, Suzdal, Russia スズダリ、伝統的な窓のある民家とおじいさん
あ、これこれ!スズダリやその周辺の民家の伝統窓枠装飾発見!
この家の方だろうか、おじさんがベンチでのんびり座っていた。
壁の色も窓枠デザインもカワイイなぁ〜!





銀玉ネギ教会

Wooden church in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の教会
木造建築博物館入口すぐの所に建つ木造教会。
ここは野外博物館となっていて、敷地内に教会や古民家・風車などが点在していて散策するのにもってこいな場所。
どちらかと言えば公園って感じでゆっくり出来る。
この教会の名前は分からないのだが、クレムリンで見た簡素な木造教会よりは若干キジ島(キジ―島)の世界遺産の教会に似ている。
どこかからか移築されたもので、釘を一本も使わない伝統工法で建てられている。
光が当たると渋い銀色を放つ鱗模様の銀玉ネギ屋根も、金属っぽく見えるが木で出来ているそうだ。





古民家の窓

Windows of a old house, museum of wooden masterpieces, Suzdal スズダリ、木造建築博物館の古民家の窓
ログハウス風の古民家の窓。窓辺のゼラニウムがヨーロッパらしい。





古民家の窓 その2

Window and flowers in a old house, museum of wooden masterpieces, Suzdal スズダリ、木造建築博物館の古民家の窓辺
こちらは古民家の中から見た小窓。さりげなくて良いね。





木造教会たち

Wooden churchs in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の教会
もう一つあった小さな教会から銀玉ネギ教会を望む。





教会の窓から

In a old house, museum of wooden masterpieces, Suzdal スズダリ、木造建築博物館の古民家
教会の中から見た窓(窓好きなので窓の写真ややたらと多いです)。
木の形した窓の柵が面白い。木を敬っていたからそこのデザインだろうか?





ロシアン美少女ちゃん!

Lovely girl in Suzdal, Russia スズダリの美少女ちゃん
教会の入口付近にいた金髪美少女ちゃん!
家族と一緒に来てたのだが、カメラ慣れしたお嬢ちゃんは私のカメラにも愛想よく笑顔を向けてくれた。
嬉しい〜!!
なぜなら、この後も人物スナップを撮るのに苦労して、ほとんど撮れなくてこれが今回の旅のほぼ唯一のポートレート写真なのだ。
でもこの時も、母親がすぐに気づいて「何撮ってんのよ!」てな怖い顔で見られてしまった。
やっぱりヨーロッパじゃシルクロード地域のようなおおらかさはなかなか出会えないものだね…。






レトロなソリ

Old Russian sled in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の可愛いソリ
数軒ある古民家のうちの1軒で展示してあったレトロなかわいいソリ。
「♪走〜れトロイカ♪」の童謡の世界にいざなわれた気分。
かつてはさっきの可愛い子ちゃんみたいな子が頭に頭巾巻いて乗ってたりしたのかなぁ〜〜(妄想)





素朴な刺繍

Cross stitch work in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の民家のクロスステッチ
民家の窓辺にあった素朴なクロスステッチ刺繍とレースワーク。東欧らしくてステキ。





古い広告

Old Russian printed paper in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、ロシアの古い印刷物
割と豪華な民家に展示してあった古い新聞広告の切り抜きのようなもの。
アール・ヌーヴォー的デザインでまさにベル・エポック(古き良き時代)を感じさせられる。





かわいいレトロ食器たち

Old russian pottery, Suzdal, Russia スズダリ、古いロシアの陶器
陶器類も素朴でカワイイ〜〜。雑貨好きならかなり楽しめそうな民家だった。





風車

A windmill in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の風車
古そうな風車も展示されている。
中には入らなかったが、入れるのかダメなのか不明。
炎天下で民家の中でもあっついから、風車の影の部分でしばらく休憩。





風車へ向かう女性

A windmill in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の風車
このレトロ風ファッションの女性はここの職員。
写真撮られるのに苦手っぽかったから後ろから失礼m(_ _)m





ひまわりの咲く古民家

Russian old house in Summer, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館のロシア民家
快晴のロシアにひまわりが似合う!





ナナカマド

Russian old house in Summer, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館のロシア民家
園内には朱色の実をつけたナナカマドという木があちこちに植えられていた。
ナナカマドからお酒が作られるそうで、スズダリが名産地って聞いたような…。
酒が飲めないのはこういう時に悔しい。





ナナカマドと教会

Wooden church and rowan trees, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の教会とナナカマド
大きなナナカマドの木影から見た木造教会。





庭に佇むシーソー

Garden in the museum of wooden masterpieces, Suzdal, Russia スズダリ、木造建築博物館の庭
敷地内は芝生が敷かれた公園になっていて、これもまたロシアらしいデザインのシーソーがポツンと…。
一人で遊ぶのはあまりにも恥ずかしいので写真撮るだけにとどめておいた(笑)







古き良きロシアの風情が味わえると言われているスズダリだが、この木造建築博物館では更にレトロ感満載で、古民家などの雰囲気に興味がある方にとってはここだけでも結構時間かかってしまうかも。
時間にある程度余裕がある旅行だったら木陰やベンチでのんびり静かに過ごしたりも出来て良いかと!



Tag: 旅行 写真 ロシア スズダリ スーズダリ 木造建築 博物館 教会 民家

6. スズダリのクレムリン 2
Mon.01.12.2014 Posted in Russia 2014
早朝にモスクワを出て列車とバスを乗り継いでやってきた『黄金の環』の町の1つスズダリ(スーズダリ)で、最初に訪れた観光名所クレムリンの続きです。




イコンびっしり!

Iconostasis in Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂のイコノスタス
世界遺産・ラジヂェストヴェンスキー聖堂のメルヘンチックな白壁&青玉ネギ屋根の外観をひととおり堪能した後、聖堂内部に入ってみた。
この聖堂は、というよりこの教会があるクレムリン自体が博物館になっているので、入場料を払って入る。
(クレムリンの敷地に入り外観を見たり散策するだけなら無料)
ちなみに、チケット売り場は聖堂向かいの『府主教宮殿』内にある。何故かロシアではチケット売り場がやたらと非効率的な場所にあることが多い。
で、中に入ると…明快な外観とは全く異なり、そこはイコンで壁がびっしりと埋めつくされたいかにもロシア正教!的な重厚空間だった。
聖人たちを描いたフレスコ画のイコンの背景には鮮やかなラピスブルー。
描かれたのが古い時代じゃないのか近年修復されたのかは知らないが、鮮やかすぎるくらいにキレイだ。
でも私はこの群青色が大好きなので入ったとたんに「うわあぁぁ!」と心のなかで叫んでしまった。





天使の楽園

Window in Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂の窓と天使
まず目に入ったのはラピスブルーだったが、よく見ると天使ちゃんたちもうようよ(?)いるやないの!!
イラン旅行のイスファハン・ジョルファー地区編(イスファハン アルメニア教会で天使三昧 1 2 )でもしつこく天使写真を連投したように、私は天使フェチなもんでときめきまくり。
まさにここは天使の楽園であり、また、天使好きにとっての楽園でもあった。
窓辺に佇むキリリとした表情のセラフィム(熾天使)に目が釘付けになってしまった。





3人の天使

Fresco painting in Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂の天使たち
このフレスコ画はどちらかと言うとイタリア辺りの宗教絵画の影響を受けたような立体感のある肉体表現と穏やかな表情をした天使たちだが、少し物憂げなところはやはりロシア的かな。





イコノスタシス

Interior decoration of Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂内部のイコノスタシス装飾
聖堂奥には巨大なイコノスタシス(イコノスタス)がそびえていた。
イコノスタシスとは聖障とも言い、内陣と最も神聖な至聖所とを隔てる壁のことで、ロシア正教をはじめとするさまざまな正教会系の聖堂には典型的なものだ。
ここから奥は神聖な場所ですよ、と分かりやすいように金色が多用されているのだろう。
区切りに仕切られた枠の中にはそれぞれキリストや聖母マリアをはじめとした聖書の登場人物たちが描かれている。





イコノスタシスを照らす光

Interior of Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂に差す光
外からの光がイコノスタシスを照らす。
ステンドグラスが発達しなかった時代や地域では、窓が小さく薄暗い聖堂を華やかに見せようとこのようなびっしりフレスコ画やモザイク画で埋めることが発達したというようなことを聞いたことがある。
(inchiki tourの名のとおり、このようなウンチクの類はインチキうろ覚え知識なので間違っているかもしれませんがあしからず!)





十字架と窓

Window in Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂の窓と天使
この十字架が乗っかった金属の帽子のようなものは何に使うのか分からなかったが、逆光でシルエットになり絵になっていた。





光の筋

Interior of Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂に差す光
光の筋が、ちょうどいい具合にドラマチックに注がれて、天使の光背を輝かせていた。





黄金の門

Details of old door in Cathedral of the Nativity, Suzdal スズダリ、ラジヂェストヴェンスキー聖堂の「黄金の門」
何も知らずにふと目についてとても繊細できれいだったから撮ったものだが、ガイドブックによればこの門が聖堂の見どころだったらしい。
優雅な線で描かれた天使とちょっとキッチュな中世ふうの動物の顔の対比が面白いかった。





入った時はやはり大勢の団体さんたちでいっぱいだったのだが、うまい具合に途中から人が減ってくれて、静かな環境でじっくりと群青の壁や無数の天使を堪能することが出来て大満足で聖堂を後にした。



Tag: 旅行 写真 ロシア スズダリ スーズダリ クレムリン 教会 ラジヂェストヴェンスキー聖堂 世界遺産 イコノスタス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。