2014年06月 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17. イスファハン バザール散策
Thu.26.06.2014 Posted in Iran 2013-14
職人街を出て、ランチ食べてからイマーム広場をぐるりと囲むバザールをぶらぶら。




伝統スタイルのレストラン

Traditional style restaurant in Isfahan イスファハン、伝統スタイルのレストラン
ミーナー・カーリーのお土産を買って職人街を出たあたりで、ちょうどガイドブックにも載っているレストラン『バースターニー』があったので入ってみた。
小さな噴水がある中庭席がうまい具合に空いていたので中庭席をゲット。
大きく綺麗なレストランで、団体さんもたくさん来ていた。
ただし、嬉しがって噴水の近くに座ったが水しぶきはかかるは排水口のクサイ臭いがするはでちょっとガッカリ…。
行く予定の方は噴水から少し離れた席をオススメします(^_^;)





ペルシャ料理のランチ

Lunch time at a traditional style restaurant, Isfahan イスファハン、伝統スタイルのレストランにて
こぶし大サイズな巨大でハーブ?の香りがきついミートボールは微妙だったがチキンのカバブは美味しかった。
何故か会計の時にレジのおじさんがハーモニカを演奏してくれた。





イラン式サモワール

Lovely iranian style tea pots, Isfahan イスファハン、可愛いイランスタイルのチャイポット
お腹も満たして更なるバザールめぐりへ。
たまたま入った1軒の絨毯屋、店主のおじさんの話やリアクションが面白く、チャイを入れていただいてしばらく居座った。
ストーブ上のヤカンでお湯を沸かし、その上でチャイを保温するのがイラン式。
ポットのチャイは濃く作って下のヤカンのお湯で割って濃さを調整する。
写真には写っていないが丸くて薄く平べったいベッコウ飴みたいな砂糖(プレキ)がチャイに合って美味しくてついついそのままポリポリ食べ過ぎてしまう。





よみがえった白馬!?

A man washing small gabbeh, Isfahan イスファハン、ギャッベを洗う男性
Kさんが見つけたミニサイズの白馬柄ギャッベ、売り物というより店の物って感じでかなり汚れていた。
売る気満々なおじさんが買え買え言うが「汚すぎて白馬じゃなくなってるやん」と言うとすぐさま店員さんに指示してその場で洗わせて、「どや!白馬になっただろ」と(笑)
しかも、洗剤を入れてるお椀も売り物の陶器やし。
おっちゃんオモロすぎ!





タイル装飾の壁

Persian blue tile decoration, Isfahan イスファハン、イランのタイル装飾
とりあえず白馬は買わずに店を出てまたうろうろ。
今度はあやしげな男性が声をかけてきて、自分はモスクの修復をしてるから見せてあげるとかなんとか言って案内しはじめた。
連れてってくれた場所のタイルは確かにものすごくキレイだが、ホンマにこのおじさんがやったのかどうだか…。





タイル壁

Beautiful blue-green decoration tiles, Isfahan イスファハン、美しいタイル装飾
鮮やかなターコイズブルーのタイル壁。
1つ1つ模様が異なっているが、色調を揃えてあるから統一感がある。





ゲイサリーイェ門

Wall paintings of entrance of Qeysarriyeh bazaar, Isfahan イスファハン、バザール入口の門
ゲイサリーイェ門という名のイマーム広場(エマーム広場)とバザールを繋ぐ門には合戦図のようなフレスコ画が描かれていた。
けっこう古そうで色がかなり褪せている壁もあり、先ほどの鮮やかなタイル装飾を見た直後の目では、枯れた感じが一層感じられて面白い対比となった。
そして、合戦図の上下がお花模様の装飾…というのは日本的な感覚から見たらなんだかちょっと不思議な気がするんだよなぁ。





アイスクリームケース

Ice cream stall in bazaar, Isfahan イスファハン、バザールのアイス屋さん
『自称』修復師の男性に景色が良いところを見せてあげるとか言われてホイホイついていく2人。
もちろん警戒心は持ってるのでイザとなればすぐ逃げ出せるように。
私1人だったら絶対付いていかないけど2人だからまだ安心。
途中、かわいくない子どもの絵が描かれたアイスクリームケースをパチリ。





絶景はどこよ?

Printing facric with woodblock, Isfahan イスファハン、ペルシャ更紗の型押し
辿り着いたのは絶景スポット…じゃなくて1軒のペルシャ更紗の店。なんでやねんっ!!
更紗の版木を押していく実演を見せてもらったが、結局男性はそこの客引きだったようで、そんな所で買うつもりはないからここでサヨウナラした。
帰国後に、入国時に空港でタクシーシェアした日本人女子の子が教えてくれた話によれば、フレスコ画があったゲイサリーイェ門の近くに2階に上がれるところがあって、地元の人に連れてってもらえたら入れる場合があるという事だった。
更紗買ってたら連れてってくれたのかも?まーええわ。





この後もイスファハン滞在中に、イマーム広場辺りをぶらついていると客引きらしき人物に何度か声をかけられた。
しかしとある絨毯屋さんから、客引きがかなり高率のリベートを取るらしく、「あんな連中に高額の手数料払ってほしくないから絶対に客引きと一緒に来ないように!」と忠告していただいた。
例えば通常1000ドルの絨毯を買ったとして、客引きが連れてくると手数料数百ドル上乗せした金額で客に請求しないといけないそうだ(支払い後手数料分を客引きに渡さないといけない)。
普通の数十ドル程度の更紗くらいなら手数料も大した金額じゃないとは思うが、わざわざ客引きに付いて行かなくてもバザール歩いてたら更紗屋くらいあちこちで見つかるので、出来ることなら自力でいいお店を探した方が賢明だろう。
イスタンブールほどしつこい客引きではないからそんなにビビる必要もなく、適当にお断りすれば大丈夫かと思うが、無用なトラブルを避けるためにもあんまりホイホイ付いて行かない方が良さそうだ。






スポンサーサイト

Tag: 旅行 イラン 旧市街 イスファハン エスファハーン バーザーレ バザール 更紗 ギャッベ

16. イスファハン職人街 2
Fri.20.06.2014 Posted in Iran 2013-14
イスファハン(エスファハーン)旧市街の「職人街」と呼ばれる手工芸品バザール歩きの続きです。




白ターバンを追いかけて

An Islamic cleric walking in snowy alley, Isfahan イスファハン、路地を歩くイスラム聖職者
雪の降る元日のイスファハン。
焼き立てナンを道端で食べて再び歩き出すと、白ターバンにコート姿の聖職者さん発見!
女性の黒いチャードル(全身を覆う布)やらこの聖職者のコート姿が異国情緒溢れまくりで、『The・イラン』て感じでたまんない!
彼らの姿を見つけるたびに追いかけて写真を撮ってる不審極まりない私たち(笑)





雪の舞う路地

An Islamic cleric walking in an alley, Isfahan イスファハン、路地を歩くイスラム聖職者
路地と雪と白ターバンの素敵な組み合わせという絵になる光景だったので頑張って追いかけたが、聖職者さん歩くの早いし慌てて撮るからブレて失敗してしまった。





八百屋の濃いお兄さん

A man in Isfahan イスファハンの男性
八百屋さんの濃い〜お兄ちゃん、眉毛は完全に繋がってます。





更に工房めぐり

At a persian enamel painting studio, Isfahan イスファハン職人街、ミーナー・カーリー工房で絵付けする女性たち
ミーナー・カーリーの工房が何軒もあるので色々見て回った。
ここも絵付け職人は女性たちだ。静かな中で黙々と絵を描いていた。





路地裏では

Making copper work, Isfahan イスファハン職人街、銅の加工をする男性
こちらは路地裏の金属加工の工房。
カメラ向けられても気にすることもなく淡々と作業するクールな兄ちゃん。
銅のようなので、これが加工されてミーナー・カーリーの素材になるのかもしれない。
路地裏で素材を作り、表側の店で仕上げて売るという流れが出来ているのかな。





小さなモスクの入口

Entrance of a mosque, Isfahan イスファハン、モスクの入口
商店街にあった小さなモスクの入口。
隙間なく文様で埋めつくされたモスクも多いが、ここのはかなりあっさり目。
剥げかけたタイルなどの古ぼけた感じが情緒あって、これはこれでとても好きだ。





中庭

Courtyard of a mosque, Isfahan イスファハン、モスクの中庭
中に入ってみると、簡素だが美しくてなんかホッとする感じの中庭だった。
建物の中までは入らなかったので分からないが、もしかしたらモスクとは違うのかも?





ドアの外から

A woman painting persian enamel dish, Isfahan イスファハン職人街、ミーナー・カーリーに絵付けする女性
真剣な表情で一人で絵付けをしていたお店。
実はなにげにこの1枚は私のお気に入りだ。
絵付けの様子だけでなく、ディスプレイやドアなどによって、この職人街の雰囲気が見た方たちに伝われば嬉しい。





ミーナー・カーリーの花瓶

Persian decorative Meenakari flower base bought in Isfahan イスファハンで買ったミーナー・カーリーの花瓶
職人街の端まで歩いて、結局最初に見たお店が一番良かったねと意見が一致し、最初のお店まで戻って小さな花瓶をゲットした。
やはり一切の値引きはナシという強気の店だったが、クオリティはその辺の土産屋のものと比べて断然良いのが分かるし納得しての購入。
これは家でモッコウバラなどを差した時の様子。
モスクの玉ネギドームを思い出させる形と美しいブルーの濃淡・細かい絵付けなど、何度見ても惚れぼれ〜。
ケチケチせずもっと買えばよかったなぁ!(…と、毎度毎度帰ってから思うのであった)





バラを生けて

Roses in persian decorative Meenakari flower base ミーナー・カーリーの花瓶に入ったバラ
こちらは同じ花瓶にピンクのバラを生けた時のもの。
さすがバラの国イランの花瓶だけあって、他のどの花よりもバラが似合う!!





絵付けのアップ

Persian decorative Meenakari flower base イスファハンで買ったミーナー・カーリーの花瓶
花瓶の絵付けをアップでご紹介。
青や緑の唐草文様に、更に細く白で縁取りしたりしてるところが気が利いている。
雑なように思われるかもしれないが、これはマクロレンズ使ってかな〜りのアップで撮ったもの。
そりゃまぁヘレンドとかヨーロッパの一流陶磁器メーカーの手描きに比べたら差が付くけど…。
色も造形もペルシャらしくて私はめちゃめちゃ気に入っている。





Tag: 旅行 写真 イラン イスファハン エスファハーン 職人街 ミーナー・カーリー 旧市街 路地 バザール

15. イスファハン職人街 1
Mon.09.06.2014 Posted in Iran 2013-14
2014年元日。
イスファハン(エスファハーン)はシラーズより北にあるから、やはりシラーズに比べるとかなり寒い。

イスファハン旧市街の中心イマーム広場(エマーム広場)の周囲にはバザールが広がっている。
最初のバザールめぐりは、主に工芸品を手作りしている職人さんたちの工房が多い『職人街』からスタート。
(今思えば、モスク見学などより先にバザール巡りをする辺りがなんとも私らしい(笑))




ミーナー・カーリー工房

A man painting persian enamel dish, Isfahan イスファハン職人街、ミーナー・カーリーに絵付けする男性
まず、『ミーナー・カーリー』というイラン名物の手工芸品を作る工房に入ってみた。
銅製の皿や壺などをエナメルで覆い細か〜く花や唐草などの絵付けをしたものだ。
観光客には慣れてるので写真撮っても怒られたりしないが、ものすごく細かい絵付けをしている張り詰めた空気の中でバシャバシャ何枚も撮るのは気が引ける。
ここの店でさり気なく値段聞いてみてちょっとディスカウント出来るか尋ねたら、「ウチはお土産屋じゃない。芸術品を作っている。だから値引きは一切しない」と強気な、もとい、ポリシーのある工房だった。
確かにモノはシラーズの土産店で見たものよりずっと緻密で美しい。
だけどまだここに着いたばかりなので、買うのは他の店も見て回ってからにしよう。





絵付けする女性

A woman painting persian enamel dish, Isfahan イスファハン職人街、ミーナー・カーリーに絵付けする女性
工房では数人絵付けをする女性がいた。
イランはイスラムの戒律が厳しいイメージがあるがサウジなどと違って働く女性も多い。
シラーズでお世話になった旅行会社のオフィスでもたくさんの女性が働いていた。





卵型ミーナー・カーリー

A man in handcraft street, Isfahan イスファハン、職人街の男性
イースターエッグのようなタマゴ型のミーナー・カーリーは他ではあまり目にしなかったような。
少なくとも私はこの工房以外では見覚えがない。
こんなに美しく高価そうなものなのに、段ボール箱に無造作に入れてあるところが面白い。
外から写真撮っただけだったんだけど、中も見せてもらえばよかったなぁ。





スパイス屋

Spice shop in bazaar, Isfahan イスファハン、バザールのスパイス屋
職人の店だけでなくこのようなスパイス屋や八百屋などもある。





素敵な路地

Alley in old city, Isfahan イスファハン、旧市街の路地
しんしんと寒いなぁ〜と思ってたら雪が降りだした。
アーケードの切れ目からモスクの青い屋根が見え、風情ありまくり!





『クラブ・ミーナーカーリー』へようこそ

At a persian enamel paintings studio, Isfahan イスファハン職人街、ミーナ・カーリー工房で絵付けする女性たち
ここもミーナー・カーリーの工房だが女性ばかりでなんか楽しそう。
似たような皿に見えるが何軒も見まわっていると工房によって絵付けの個性があることが分かってきた。
こちらを見てる色っぽい女性、若干叶恭子さんが入ってる?
まるでクラブかスナックかのママさんのよう。





エッチング工房

A craftman in Isfahan イスファハン、職人街の男性
こちらは金属製の壺にエッチングを施している工房。
通りのあちこちからカンカントントン…とリズミカルな音が響いてくる。
カシュガルの職人街のように民族楽器工房があったらいいなと思ってたが見つけられず残念。





モスクと雪

Mosque and snow in Isfahan イスファハン、モスクと雪
雪が本降りになってきた!
雨だとテンション下がるが雪はきれいだから歓迎だ。ある程度なら、ね。





ナン屋さん

Iranian bakery in Isfahan イスファハンのナン屋さん
ナンを焼いているお店発見。
中に入って焼いてるところを見学させていただいた。
かまどから焼きあがったナンを鉄の棒で取り出して台の上に乗せていくのだが、動作が素早すぎてうまく撮れなかった…。
反射神経が鈍すぎて動きものを撮るのがめっちゃ苦手な私。。。





ナン生地を伸ばすおじさん

Iranian bakery in Isfahan イスファハンのナン屋さん
生地を伸ばす係のおじさん。
見学すると美味しそうなナンを食べずにいられなくなり、出る際に1枚買って雪の中焼きたてを食べ歩きした私達であった(^^)





Theme: 海外旅行記 « 旅行

Tag: 旅行 イラン バザール バーザール イスファハン エスファハーン 職人街 旧市街 ミーナー・カーリー

14. イマーム広場での年越し!
Sun.01.06.2014 Posted in Iran 2013-14
バスに乗って、シラーズ(シーラーズ)から夜イスファハン(エスファハーン)に到着した私達。
いよいよ今回の旅の2大目的の2つ目、『イマーム広場で年越しをする』時がやってきた!




年越し前のイマーム広場

Imam square and Imam mosque at night, Isfahan イスファハン、夜のイマーム広場と王のモスク
宿での一休みを終えていざイマーム広場(エマーム広場)へ!
宿から5分ほど歩くと…出た〜〜〜!憧れ続けたイマーム広場の美しいモスクが目の前にっっっ!!





マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー

Sheikh Lotfollah mosque at night, Isfahan イスファハン、夜のマスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー
イマーム広場に建つ壮麗なペルシャ建築の1つ、マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー(名前覚えられん…)
ラピスブルーのタイル装飾がライトアップに優雅に映える。
しかしせっかくの世界遺産なのに、何故だかライトアップの光が薄暗く、写真を撮るのも手ブレ抑えるのに必死。
もうちょっと明るくしてもいいのになぁ。
まぁこれはこれで侘び寂びっぽくてええやないの、という事にしておこう。





紺碧の小宇宙

Entrance of Sheikh Lotfollah mosque at night, Isfahan イスファハン、マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー入口
マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー正面入口のイーワーンとムカルナス(鍾乳石飾り)。
ほぇ〜〜〜とその美しさに見惚れる。
まるで紺碧の宇宙に浮かぶお花畑のようだ。





バザール入口

Beautiful entrance of bazaar at night, Isfahan イスファハン、美しいバザール入口のタイル装飾
モスクから繋がっているバザールに続く門にまで美しい装飾が。





ムカルナスのディティール

Muqarnas decorated tile work of Sheikh Lotfollah mosque, Isfahan イスファハン、マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラーのムカルナス
ムカルナスにも細かくお花や唐草文様が描かれている。
それにしても、イスラム歴でもペルシャ歴でもただの平日でしかないから仕方ないが、年越しムードは皆無で人影もまばらで寂しい。
前年のイスタンブールでは人々が町にくりだしてすごい賑わいっぷりだったのになぁ…。
しかし、賑わいの代わりに、たまたまこのモスクの前でペルシャ民謡のような歌を歌っている若者がいて、静かで幻想的な広場にその哀愁ある歌声が響き、なんとも心に沁み入った。
シラーズのレストランでも運良く目の前で民族楽器演奏が聴けたし、ここイランでも伝統音楽に縁があるようだ。
歌っていた青年に声を掛けてみたら全く英語が出来ない人でほぼ会話にならなかったのが残念だったが。





王のモスク

Imam mosque at night, Isfahan イスファハン、王のモスク
紺碧のモスクを堪能した後は、もう一つのイマーム広場のイスラム建築、マスジェデ・イマーム(王のモスク)へ移動。
王のモスクは先ほどのモスクより装飾に黄色が多い。
デッカイからどこを切り取って写真に収めたら良いのかわからなくなってしまう。





王のモスクのムカルナス

Gorgeous muqarnas decoration of Imam mosque, Isfahan イスファハン、王のモスクのムカルナス
王のモスクのムカルナスはやはり黄色が多いからかよりゴージャスな感じがするね。





王のモスクのドアノブ

Door knob decoration of Imam mosque, Isfahan イスファハン、王のモスクのドアノブ
何人かのイラン人達がやって来て、このドアノブを触っていた。
触ると幸せになれるとか何か意味があるのかな?
とりあえず私達も触ってみよう(笑)エエことありますように。





巨大イーワーン

Iwan of Imam mosque at night, Isfahan イスファハン、王のモスクのイーワーン
ドアから上を見上げると、巨大なイーワーンのアーチとその向こうに漆黒の夜空。
溜息が出るほど美しい〜!





Happy New Year!!

Happy new year at Imam square, Isfahan イスファハン、イマーム広場で迎えた新年
まだ0時まで半端に時間があり、座ってても寒いばかりなのでちょっと走ってみたりして時間をつぶし、ついに2014年1月1日0:00を迎えた!
ハッピーニューイヤ〜☆
祝いムード皆無な中、私達2人だけでハグしたり記念写真撮ったりして新年を祝った。





イマーム広場の回廊

Imam square at night, Isfahan イスファハン、夜のイマーム広場
年越しイベントなどはなくとももう少し外国人観光客とか広場に来ててもいいはずなのにねぇ。
1人だけ、日本人かな?と思われる男性を見かけたが。
ともかくこれで私の2大ミッション(カシュガイ族訪問とイマーム広場年越し)がどちらも無事達成ってことで、めでたしめでたし!
そうして再び壮麗なモスクや静かな回廊を見渡しながら広場を後にした。





旅はまだまだこれから後半戦。
明日からも美しいものや楽しい事にたくさん出会えますように…。





Tag: 旅行 イラン モスク イスファハン エスファハーン イマーム広場 王のモスク ライトアップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。