2014年02月 | 因智喜旅遊 inchiki tour photo travelogue
FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25. ウルムチ町歩き 3
Sun.23.02.2014 Posted in Uyghur 2013 Spring
山西巷バザールの続きと宿に戻るまでに出会ったナン屋さん。
次回でようやく2013年春のウイグル旅行編は完成します〜。




串物屋さん大繁盛

People at an Uyghur snack stand, Urumqi ウルムチ、山西巷の串物屋台
山西巷バザールにはいろんな軽食屋台があった。
茹でとうもろこしや切り売りスイカ、そして人気だったのがこの串もの屋さん。
ピリ辛だれで焼いているのは臓物系か?串の大きさにビックリ。
右端の、店主らしきおっちゃんのツートーンおヒゲにもまたビックリ。





スイカを頬張るおじさん

A man eating watermelon in the market, Urumqi ウルムチ、山西巷バザールで切り売りスイカを食べる男性
定番の切り売りスイカ屋台にて、渋い顔してスイカを頬張るおじさん。
上手に保存しているのか、ウイグルでは年中スイカが食べられる。もちろん真冬でも!





パイナップル屋さん

Pineapple stand in the market, Urumqi ウルムチ、山西巷バザールのパイナップル屋台
パイナップル屋台。背後の溶接屋(?)といい、ええ雰囲気出ててお気に入りの1枚。





お昼寝中

Elderly man falling into a nap, Urumqi ウルムチ、山西巷バザールでうとうとするお爺さん
うとうと…お昼寝中のおじいさま。





服を物色するおじいさん

Elderly man looking for clothes in the market, Urumqi ウルムチ、山西巷バザールで服を物色するおじいさん
服選びに夢中の瓶底メガネおじいさま。





路地裏でも

Off street in market area, Urumqi ウルムチ、バザール路地のスイカ屋台
メインの道から路地に入ってみた。こんな路地裏でも露店や立ち売りの人たちがいた。
やっぱり路地裏好きやわ〜。





袋売り

Alley in Urumqi ウルムチ、バザールの路地
袋売りのおじいさん。後ろの壁の色合いと古びた感じがたまらない。





白いモスク

A beautiful white mosque in Urumqi ウルムチ、美しい白いモスク
そろそろ疲れてきたので宿に戻ろう。
たまたま通った道に美しく現代的な雰囲気の白いモスクが建っていた。
まだ出来てから年数経ってないのか、くすんだ色合いが多い中で白さがひときわ目立っていた。





ナン屋の子どもたち

Kids in a bakery, Urumqi ウルムチ、ナン屋の子どもたち
そのモスクの道沿いにあった1軒のナン屋さんの中に子どもたちがいて、入口から写真撮ると「ママ〜!写真撮ってる!!」と大興奮。





ナンの生地をこねる

Uyghur bread baker, Urumqi ウルムチのナン職人さん
店の中に入っておいでと呼んでいただいて中へお邪魔した。
職人さんが小ぶりなナンをこねてるところ。





カメラに興味津々

Man making nan in a bakery, Urumqi ウルムチ、ナンを作る男性
カメラに興味津々な女の子、おじさんの写真撮ってても写りたくて覗きこんできた。
他にも何枚か撮らせていただいたが薄暗くてほとんどブレブレなボツ写真になってしまった。





ナンと一緒にポーズ

Kids in a bakery, Urumqi ウルムチ、ナン屋の子どもたち
お礼を言って店を出て、最後に店頭で子どもたちをパチリ。
あんなにはしゃいでいたのに、正面からカメラ構えられるとちょっとぎこちない表情になってしまう子どもたちだった。





もう1軒のナン屋さん

Making nan at a bakery, Urumqi ウルムチ、ナンを作る人たち
そのすぐ近くにもナン屋さんがあったのでこちらでも1枚。はにかむ色白美少年がいいね〜。





日没前の天山山脈

Tian Shan mountains view from the hotel, Urumqi ウルムチ、ホテルの部屋から見る天山山脈
部屋に帰ってきた。やはりA氏から電話はなかったなぁ…。
しばらくした頃Oさんから電話が。夜ご飯はどうしますか?と気遣ってくれた。
もうちょっとA氏からの連絡を待ってみますと答えて電話を切ると、その5分後くらいに絶妙なタイミングでA氏からの電話が!
うわ〜〜さすがは幸運の女神Oさん!Oさんからの電話のすぐ後にA氏から電話あるなんて。
今回の旅では、Oさんの人徳によるものか何かとラッキーな事が多かったので「まるで幸運の女神様やな」と思っていたのだが、最後まで女神っぷりを発揮してくださったようだ。

A氏はとても律儀な方で通常は待ち合わせ時間より早いかぴったりかに来るのだが、おそらくスケジュールの都合で珍しく遅れてやってきた。
まだ17歳だというお弟子さんと共に3人で近くのレストランへ。
軽くお食事をしている間もなんか時間を気にしている様子なA氏。途中に電話も鳴ったりしていたので尋ねてみるとやはりまだ次の予定があるみたい…。
予定と予定の合間に無理やり私と会う時間を作ってくれたのだろう。相変わらずエエ人やなぁ(;_;)
A氏はいつもどおり口数少ないしお弟子さんも師匠に遠慮してか全然喋らないし私のウイグル語能力も低いしでたいして会話も弾まずアイタタタ。

次の予定のために慌てて去っていったA氏たちを見送って宿に戻ってくると、部屋の窓から見える天山山脈が日没前の夕日にうっすら色づいていた。
ああ、いよいよ明日早朝にウイグルとお別れだ。
夜遅く、Oさんが別れを言いにわざわざホテルまで会いに来てくれた。OさんもA氏もエエ人すぎるやろ〜!!





スポンサーサイト

Tag: 旅行 新疆 ウイグル ウルムチ バザール 山西巷 路地 ナン

24. ウルムチ町歩き 2
Wed.12.02.2014 Posted in Uyghur 2013 Spring
ウルムチ町歩きの続きです。
大バザール近くのショッピングセンターっていうかファッションビルのような所から、「山西巷」というバザール街をうろうろ。




ドッパの日

2 women wearing doppa in the street, Urumqi ウルムチ、ドッパを被って歩く若い女性たち
おおっ!ドッパ(ウイグルの民族帽子)を被ったオサレな2人組おねーさん発見!
5月3日は『ドッパの日』だそうで、普段は若い女性がドッパ被って歩いてたりは滅多にしないのだが、この日はこの人達以外にも何人かドッパ姿の女性を見かけた。
そんな中でもカラフルドッパで颯爽と歩くこの2人はかなり目を引いて、写真撮りたいがために私はしばらく後ろをストーカーのごとくついて歩いた不審者なのであった(^_^;)
声を掛けて前から撮らせてもらう勇気までは出ずじまい…。





ファッションビルのアクセサリー屋

Shopping mall in Urumqi ウルムチ、ファッションビルのアクセサリー屋
ドッパ2人組をストーカーしてると、ファッションビルなどがいくつかあるエリアへ辿り着いた。
そこで2人組を追うのはやめてビルに入ってみた。





ファッションビルの通路

Shopping mall in Urumqi ウルムチ、ファッションビルの通路
上の階に上がってみると、薄暗い通路にあやしく並ぶマネキンたちがお出迎え。
売ってる服も日本とは随分センスが違ってる。





グッチ発見!?

Gucci !? in Urumqi ウルムチのグッチ!?
こんな所にグッチが!\(^o^)/
なんとも庶民的なグッチですこと〜(笑)
これだけ堂々としてると笑うしかないな。





ゴージャス財布

Gorgeously decorated wallets, Urumqi ウルムチ、ゴージャスなデコ財布たち
お財布屋さん。ウケ狙いでお土産にするか?と一瞬考えたけどやめといた。
ほんま、お国違えば好みも違うよなぁ。





腕時計屋

Watch shop in Urumqi ウルムチ、バザールの腕時計屋
腕時計屋さん。やはり金色系が多い。





山西巷バザールへ

Market street in Urumqi ウルムチ、山西巷バザール
ビルを出て、庶民的な『山西巷』のバザール街へ。
大都会ウルムチでウイグルらしさが感じられるオススメスポット。





レストラン店先のマンタ

Uyghur dumpling restaurant, Urumqi ウルムチ、マンタ(ウイグル肉まん)のレストラン
マンタを店頭で作っているレストラン。
マンタは羊肉の肉まんで、大きさは小籠包くらい。
カボチャが入ったカワマンタという種類のマンタもある。





ゴキゲンなおじさん

Smiling man in Urumqi ウルムチ、笑顔でポーズ取る男性
「よぉ、オレを撮ってくれよ」とニッコリしてポーズするおじさん。
こういう人はウルムチではそれほど多くないので遭遇するとすごく嬉しい。





キンキラアクセサリーの露店

A woman selecting accessary in the street, Urumqi ウルムチ、山西巷バザールでアクセサリーを選ぶ女性
路上のアクセサリー屋で物色する女性。
路上の安アクセ売りはパキスタン人率が高く、服装から見てこの男性もパキ人だろう。
ここでは買ってないけど、私もカシュガルなどで2度ほど路上の安ネックレスを買ったことがある。
本物のゴールドじゃないから非常に安い。
ただしメッキの質が悪いので汗かいたりするとすぐ変色してしまうのと、金属アレルギーの方は要注意。






Tag: 旅行 新疆 ウイグル ウルムチ バザール 山西巷 ドッパ 路地

23. ウルムチ町歩き 1
Wed.05.02.2014 Posted in Uyghur 2013 Spring
ウルムチに戻った翌日、特にすることもないので町をぶらぶら。
ウルムチは紅山公園と博物館以外に特に観光的な見どころがないからいつも街ぶらだけになってしまうんだよなぁ。




キルギス族のおっちゃん達

Kyrgyz men wearing their ethnic felt hats, Urumqi ウルムチ、キルギス族の男性
泊まっていたホテルの入口に、白いキルギス族のフェルト帽『カルパック』を被ったおじさんたちが立っていた。
今日このホテルでキルギス族のカップルの結婚披露宴が行われているのだろう。
左のおっちゃんがちょっと怖そうだったけど、思い切って声をかけてみると写真撮らせていただけた。
カメラ向けたら敢えて目線外してカッコつける左のオッチャン、演技派やねぇ。
そういえば、Oさんが後日この写真を見て「小林旭に似てる!」とコメント。確かに似てるわ〜〜!





金歯のキルギスおじさん

A Kyrgyz man in Urumqi ウルムチ、キルギス族の男性
人の良さそうなおじさん。
キルギス族もモンゴル系な顔立ちの人が多いので、目が細くて日本人にもいそうな顔してる。
ただし前歯が全部金歯ってのは日本人ではなかなかお目にかかれそうにない(笑)
昔キルギス旅行に行った時出会った家族のおじいちゃんもこの帽子被ってたなぁと懐かしさでいっぱいになった。





静かな路地

Calm back road in Urumqi ウルムチの静かな路地裏
Oさんが暇な私に付き合ってくれて一緒にお散歩してくださった。
Oさんのお住まいのご近所には静かでいい感じの路地がある。
この荷台で売られているのは、ルクチュンで木からもいでタダでたらふく食べた桑の実だった。





ケーキ屋さんにて

A girl decorating to a cake in the sweets shop, Urumqi ウルムチのケーキ屋にて
ケーキ屋さんに入ってみた。
店の奥がチラッと見えて、ケーキにデコレーションしてるお姉さんの姿をパチリ。
Oさんが「あれが食べたい」と店の人に言ったのだが予約分しかないようで買うことは出来ず、他のケーキを購入した。





Oさん宅でティータイム

Yummy cake and cookies, Urumqi ウルムチ、ウイグル菓子と花茶でティータイム
買ったのはヨーグルトクリームのようなものが入ったケーキで、早速Oさん宅でいただいた。
Oさんお気に入りの、カシュガルの職人さんが手作りしたかわいいマグカップで花茶を入れていただきまったりティータイム♪





ウルムチの少年たち

Boys in Urumqi ウルムチの少年たち
次の日。
ウイグル滞在最後の日はウイグル人の知り合いA氏(以前からのinchiki tour読者の方々ならお分かりだと思います)と会えるかもしれないと思っていたのだが、昨日電話してみたら運悪くA氏は現在遠い町にいるらしく、私が帰国するまでに戻ってこられるかは分からないと言われてしまった…。
それも自分のウイグル語能力が低すぎるので一旦自力で電話した後Oさんに助けていただきもう一度かけ直してもらったわけだが。
相変わらずの他力本願っぷり。
とにかく、もし今日戻ってこられたら電話してくださいとお願いしている。
そんなわけで会えるかどうか決まらないという状況だったので、もう今回は無理かなと思いつつも一応遠出はせずに近場で今まで通ったことがない道などを歩いてみる事にした。
ウルムチは都会なので田舎っ子ほどカメラに興味持ってくれるわけではないが、時々「撮って!」と言ってくれる子たちに出会える。





庶民的なバザール

Bazaar street in Urumqi ウルムチ、庶民的なバザール
な〜んもないなと思っていたら、めちゃめちゃ庶民的な小規模バザールを発見。
奥には高層マンションが見え、ギャップがすごい。
歩いてみると、ここはウイグル族だけのバザールではないようで、漢族らしい人の店もたくさんあった。





暇そうなおじさん

Alley in Urumqi ウルムチの路地
売る気なさそうな服屋とやる気なさそうなおじさん…。





メンコで遊ぶ少年

A boy playing with pogs, Urumqi ウルムチ、メンコで遊ぶ少年
メンコで遊んでいた少年。飴の棒がくわえタバコしたヤンキーみたい。
メンコ遊びがここではまだまだ現役だ。ゴム飛びなども見かけるし、日本の昭和のようで懐かしい。
日本では平成生まれの人たちはメンコもゴム飛びもやったことないのでは?





露店の果物屋

Street fruits stall in Urumqi ウルムチ、露店の果物屋
何気なく上手にディスプレイされた果物屋台。
マンゴーは小ぶりだが安いのが嬉しくてこの時期に旅行に来たらいつも買って部屋で食べる。
マンゴー食べまくりはめっちゃ贅沢してるような気分になれる(笑)
ただしウイグル産ではないらしい。





Tag: 旅行 新疆 ウイグル ウルムチ バザール 路地

22. 白い道 〜ウルムチへの帰路
Wed.05.02.2014 Posted in Uyghur 2013 Spring
ハミ〜バルクル〜ルクチュンの旅からとうとうウルムチに戻った。




道沿いの小さなバラ

Small roses in Uyghur ウイグルの小さなバラ
ルクチュンからバスでウルムチへ戻る途中、ガソリン給油時にバスを降りると(中国では給油時は全員バスから降りて外で待たなければならない)、道路沿いの花壇に小さなバラを見つけた。





可憐なバラ

A small rose in Uyghur ウイグルの小さなバラ
小さくて可憐なバラ、何枚か写真撮ったけど全部ちょっとピンボケでガッカリ。





輝く『白い道』

Shining highway from Turpan to Urumqi トルファン〜ウルムチ間の輝く高速道路
バスでは一番前に座っていたので見通しがよく気持ちが良かった。
日が傾きかけて高速道路が白〜銀色に輝いているように見えた。
ウイグル語で「よい旅を」に該当する言葉は、直訳すると「白い道になりますように」という表現をするのだが、この輝く道を見てまさに白い道だなと思ってなんか嬉しくなった。
帰国の日まで良い旅になったらいいな。





くわえタバコの運ちゃん

A bus driver smoking 一服中のバスドライバー
コワモテな運ちゃん。禁煙なバスの中でも特権(?)でタバコ吸いまくり。
コワモテだけど「日本映画のDVDかけようか?」とか話しかけてくれるエエおっちゃんだった。
せっかくウイグルまで来て日本のDVDなど見たくないのでウイグルDVDを希望!





バスの窓から見た風景

Mountains view from the bus window バスの窓から見た山々
2日前までいたバルクルの草原をちょっぴり思い出すような車窓の景色。
遠くの陸橋は現在建設が進められている高速鉄道のものだろうか?





風車群

Wind power generators and Tian Shan mountains トルファン〜ウルムチ間の風力発電機
トルファン〜ウルムチ間の名物、風量発電の風車たち。
しばらくこんな景色が延々と続く。いったい何機あるのだろうってくらいに。





高速道路と風車群

Wind power generators seen on the way from Turpan to Urumqi トルファン〜ウルムチ間の風力発電
高速道路のすぐそばに風車が立ち並ぶ。
この辺りはものすごく風が強く、休憩のドライブインでも風がいつもびゅんびゅん吹いているから風力発電に向いている土地だんだというのはよく分かる。





ラクダの群れ!

Camels seen from the bus window バスの窓から見たラクダたち
かなり薄暗くなってきた。
ぼんやりとしていると、Oさんが窓の外にラクダの群れがいることに気付いた。
慌ててシャッターを切ったが暗くてブレブレに。
でも最後にラクダが見られてラッキー!小さな子ラクダちゃんもいたよ。





ウルムチに帰着

An illuminated building in the night, Urumqi ウルムチ、ライトアップされた建物
ウルムチへ無事帰還した。
ホテルの部屋からライトアップされたビルや賑やかな道の様子を見て「ウルムチに戻ってきたなぁ」と実感。

余裕を持ったスケジュールだったため、実は帰国まであと2日ある。
多分ウルムチの町やバザール辺りをブラブラして過ごすことになりそうだ。





Tag: 旅行 新疆 ウイグル ウルムチ トルファン 風力発電 風車 高速道路

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。